ホーム>新聞 T   T   T
吉林省、農機具技術と情報化の一体化加速へ
2017/10/09     出所:

  先日に開催した吉林省農機具技術・情報化一体化現地会議によると、吉林省は農機具技術と情報化の一体化に取り組み、農業現代化の率先実現に支えを提供することが分かった。

  吉林省は国家食糧生産の全工程機械化行動モデル省として、省政府は、2020年までに農作物の耕作・栽培・収穫の機械化レベルは90%以上、内にトウモロコシ、水稲の機械化レベル93%以上、植え付け、植物保護の機械化能力60%以上、わらの機械化処理レベル80%以上を目標に掲げた。一方、全工程の機械化など面で弱みを改善するため、去年に省政府が農業の重大な増産技術を調整し、農機具による耕作、保護性の耕作、トウモロコシ収穫機と乾燥機、ジャガイモの全面機械化にも目標に織り込まれた。更に、農機具による耕作、わらの片付け、高効率の植物保護機械化技術にも中央財政農業発展特別項目に織り込み、重点的扶助を行い、作業の補助金を与えた。

  当面と今後1つの時期に、吉林省は農機具技術と情報化の一体化を実現するため、重点的に「3つの堅持」をめぐって「一つのプロジェクト」と「1つのプラットフォーム」に取り組む方針を固めた。「3つの堅持」とは、率先に農業近代化の実現、農業供給側の構造的改革、農業機械化の全面的品質向上・増益を堅持することを指す。「一つのプロジェクト」とは、農機具作業のモデルプロジェクトを指す。「1つのプラットフォーム」とは、吉林省の農機具情報管理と長距離指揮サービスクラウンプラットフォームを指す。吉林省は今後、効果的措置を講じて研究・開発を強化し、モデルのけん引力を果たし、教育・指導・宣伝を更なる強化し、経験と効果をまとめて、着実にプロジェクトを推進する方針を固めた。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド