ホーム>新聞 T   T   T
国慶節期間、長白山旅行モデル区が大成果実現
2017/10/09     出所:

  国慶節と中秋節の連休期間、長白山管理委員会は総力を挙げ、国家観光局と吉林省旅行発展委員会の要求に基づき、事前に綿密な計画を策定し全力で対応してきた。その結果、長白山旅行の運営は順調に移行され、旅行安全と旅行市場の秩序は安定な態勢を維持され、全域旅行産業のチェーンが更なる拡大された。8日午後15時時点で、長白山観光地を訪れた観光客数は延べ18.14万人、昨年同期比3.48万人増加し、同期比23.74%伸びた。尚且つ、連休期間に交通事故のゼロ、観光客のクレームゼロを実現し、サービスや安全など面で任務を達成した。

  連休期間、長白山は全国第1弾の全域旅行モデル区として、大成果を挙げられた以外、「山上、山下、区内、区外」という全域旅行産業のチェーンを形成した。一方、文化旅行のイメージをアップし、長白山の特色ある小鎮の魅力を展示することを目的とし、池北区・二道白河鎮は「小鎮・小景」の特徴を生かし、観光客には長白山の特色ある文化を理解させた。長白山管理委員会は池北区で夢まぼろしブル橋、湿地花海、長白天地、氷吊り橋、白河大波、西郊馬乗り、野生家園など32ヵ所の観光スポットを形成され、次第に特色ある小鎮の魅力を展示した。

  更に、連休期間にグループ、公安、国境警備、森警部隊など部門と社会のボランティアサービスチームなど1800数人は、観光地の内外で全力で旅行ピーク期の秩序を維持した。

  特に法律執行分遣隊は重点的に人員集中区域の旅行秩序の維持に努めた。具体的に、観光地対応チーム、駅エリア法律執行チームなど6~10人編成の5チームに分け、法律執行車両1台ずつを支給した。結果として、観光客の相談事項3万件ほどを対応し、人探し20回余りを実施し、倒れた観光客4人を救助し、観光客の携帯電話2台を見つけ出しただけでなく、喫煙観光客2000数人を制止し、交通警察に協力し駐車カードし5000枚以上を発給し、、道路の広告看板や掛け軸22ヵ所を整理し、店外経営16ヵ所を取締り、関連部門と協力し倒れた木1ヵ所を直し、不法のチケット購入や違法行為を取締り、旅行市場の秩序安定化を図った。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド