ホーム>新聞 T   T   T
「泉陽泉」号テーマ旅客機が初運行
2017/11/01     出所:

  

   写真は「泉陽泉」号のテーマ旅客機。

  泉陽泉と天津航空の戦略的提携発表会は10月30日、天津海浜国際空港で開催された。双方の主要な責任者は出席し会議を主催した。発表会の現場には、天津航空の飛行機1機は泉陽泉テーマ旅客機に改造され、外観から機内の装飾まで泉陽泉ブランドの特色に満ち溢れており、泉陽泉製品の魅力を十分に示した。

  泉陽泉飲料公司は2001年に創立し、泉陽泉工場、靖宇工場、松江河林海雪原工場など四大生産基地、天然且つ品質優良なミネラルウオーターの水源地5ヶ所を保有し、総敷地面積約24.9万平方メートル。長白山核心区でミネラルウオーターを一番早く開発された大型の近代的生態飲料企業である。長白山ミネラル・ウォーターブランドの開拓者と先駆者とし、泉陽泉は「健康な飲用水の追求・生態飲料の提供」を経営理念にし、天然ミネラルウオーターの産業発展に取り組んできた。

  泉陽泉用水は全部長白山保護区核心地から提供している。長白山保護区は中国ひいては世界で希少なミネラル・ウォーター集中区であり、国連に「人と生物圏」の自然保護区に認定され、世界の有名なアルプス山、北のカフカス山と世界三大優良品質の天然ミネラル・ウォーター産地と称される。数多くの泉に恵まれた長白山では、長期的に天然鉱物化の影響を受け、鉱物質がイオン状態で水の中に存在し、水量が豊かで水質優良など特徴がある。泉陽泉ミネラル・ウォーターは形成条件と鉱物成分の分析値一部は世界の有名なミネラル・ウォーターブランドより優れていると評価された。

  泉陽泉は水源と品質など面でのブランドの優位性を持って、天津航空と手を携えて今回の革新的な戦略提携を結んだ。これはブランド発展戦略面の成功例であるだけでなく、ブランドの知名度向上にもつながる。

  泉陽泉は数多くの栄誉を獲得した。直近数年、続々と清華大学創立100周年、24回キンケイ百花映画祭などイベントの指定飲用水になった。今年6月、外交部吉林省世界アピール会の独家飲用水に指定され、外交部のブルホールにて泉陽泉のミネラルウオーターは世界に知られ、130ヵ国に向かって吉林省に恵まれた水の優位性をアピールした。泉陽泉は

  強大な責任感と使命感を持って、品質向上とブランドの知名度向上に取り組んだ結果、「泉陽泉」とのブランドは東北地域から世界へ進出しつつある。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド