ホーム>新聞 T   T   T
吉林省の技術小巨人企業が大発展けん引へ
2017/11/07     出所:

  革新は発展をけん引する第1動力である。技術小巨人企業は最も活力、最も潜在力、最も成長性ある企業として、経済の継続的成長、構造転換・グレードアップの最適化、革新・起業の激発にとって重要な役割があり、イノベーション戦略を推進する重要な土台と切り口とみられる。

  吉林省の技術小巨人企業は主に長春、吉林2市に集中している。長春、吉林2市はそれぞれ技術小巨人企業400社、127社を育成・認証した同時、年売上高はそれぞれ311.9億元、109億元、年売上1億元以上の技術小巨人企業はそれぞれ93社、35社、上場企業はそれぞれ37社、9社、認定済みのハイテク企業は240社、28社になった。

  技術イノベーションの能力が強く、ハイテクのレベルが高い特徴がある。長春、吉林2市の技術小巨人企業の開発人員数はそれぞれ7200人、3557人、従業員総数の11.2%と16.4%を占める。市レベル以上の開発機関はそれぞれ123ヵ所、42ヵ所、、それぞれ企業総数の30.8%と33.1%を占める。長春市禹光学など企業120社、吉林市の北砂製薬など企業7社は省ランクの企業技術センターに認定された。長春市の希邁気象など企業28社、吉林市の鈺瓏鋼管製造など企業20社は市ランクの企業技術センターに認定された。

  企業は小規模にも関わらず、発展の潜在力が大きいとみられる。長春、吉林2市にある技術小巨人企業の年売上は2000万元~5億元、規模が1億元以上の企業数は総数の24.3%を占める。技術小巨人企業は小規模にも関わらず、発展の潜在力が極めて大きいとみられる。しかも、長春、吉林2市の技術小巨人企業の80%以上は先進的装備製造、光電情報、バイオ医薬、新材料、新エネルギーなど新興の産業分野に集中している。現在、吉林省の炭素産業は既にT800炭素繊維元糸の技術を開発され、国家大飛行機の発展戦略に応用できる。希邁気象社は中国国内における地面気象機器製造のリード企業となった。長春新産業光電技術会社は5年以内に、世界最大の全固体状態レーザー発生装置の供給メーカーになることを目標に掲げた。

  企業の上場スピートを加速され、資本の運営能力が著しく増強された。長春、吉林2市の技術小巨人の上場企業数は46社になり、総数の8.7%を占めた。その中、マザーボード、新サンパン、創業パン、国外の企業数はそれぞれ5社、36社、4社、1社となった。天薬本草堂製薬公司は米国のナスダック市場で上場し、融資額596万ドルになった。長春迪瑞実業会社は上場以来、株価値は10倍増加した。

  コア技術の優位性が顕著になり、製品の市場シェアは高くなった。多数の技術小巨人企業の製品が中国国内の空白を埋められ、国際をリードするレベルに達し、中国国内の同業界で先頭兵になった。長春新産業光電技術会社は米国FDA、日本JQAなど国際認証を取得し、全固体状態のレーザー発生装置の産業規模と技術レベルは世界の最先端なレベルになり、「希愛」ブランドの製品は120ヵ国家・地域に販売している。禹光学会社は「中国最も影響力ある企業」の称号、吉林省革新型企業など50項以上の称号を獲得した。希邁気象器具は軍用気象の面で中国国内の売上70%を占め、中国国内90%の空港はこの会社の気象計器を使用している。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド