ホーム>新聞 T   T   T
吉林石化社の環境改善プロジェクトの試運転が一発成功
2017/11/09     出所:

  吉林石化社の動力一廠が投資額4.6億で建設した2号ボイラーの蒸気システムプロジェクトは試運転で一発成功した。測定データによると、二酸化硫黄、窒素酸化物、粉塵は排出規格を満たしたことを明らかにした。

  このプロジェクトでは、吉林石化社が国家環境排出規格に基いて建設する重大な環境改善プロジェクトである。このプロジェクトが生産開始後、一層に吉林石化社の環境改善レベルの向上、工場の環境圧力の軽減、化学工業装置の安定的稼働につながるとみられる。プロジェクトの試運転を成功させるため、吉林石化社はボイラー、電気、計器、脱硫などの専門家を集めて事前に施工作業を始まった一方、「3検査・4固定」を展開し、工事品質の「振り返え」を通じて確実にプロジェクトの建設品質を高め、施工の進捗を確保した。10月25日現在、新2号ボイラーは安定的稼働を図り、ガス発生量は8160トン/時間、国家の排出規制値を満たされ、設計レベルに達したことを明らかにした。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド