ホーム>新聞 T   T   T
吉林省企業と大連港が提携し発展に取り組み
2017/11/10     出所:

  (孟迪)埠頭には自動車が列に並べられ、秋の太陽の照射の下でまばゆい光に反射している。海洋と空は真っ直ぐの線で分割され、薄い霧の中に浅い青色を呈した。埠頭と海洋は一体化になり、果を眺めきれない。

  ここは大連港の自動車保管用の埠頭である。埠頭の丁豪副総経理は車を指しながら、「一汽社の専属場所はここだ」と説明した。

  自動車だけでなく、吉林省の食糧、化学工業など製品にもここから東北地域や世界へ出船し、吉林省と世界経済をつながった。

  「港の物流+自動車工業」

  遼東半島の南端に位置する大連港は、1899年に埠頭開設し港となった。ここは東北文明の歴史を記載し、極東第1貿易港としての盛んな時代を展示し、新中国の外国貿易トップ港として多忙な時期を経過した。現在、中国北方は世界進出の最寄りの港とし、東北地域における唯一の国家「一帯一路」戦略に織り込んた港であり、遼寧沿海経済ベルト計画の中で重要な水路中継駅、大連東北アジア国際運輸センターを建設する核心と旗艦でもある。東北3省を経済の中心地とし、大連港1日あたりの貨物中継量は110万トンを超えた。

  今年1月~8月、大連港で一汽フォルクスワーゲン社の車の取扱量は5.6万台、1月当たりに平均7000台近くになった。

  一汽グループと大連港との提携は2012年から開始した。

  2016年9月5日,到水运低成本、模化「甜」的中国一汽,在汽物流业务领域开启了一次重要革——中国一汽旗下一汽物流有限公司参股大港汽车码头纽带将腹地企与港口牢牢接在一起,双方实现了「港口物流+汽」的「跨界合作」,中国一汽集也将其商品水运物流体系中重要的枢定在辽东南端。此次合作,一汽物流投8600余万元增车码头,占股20%。一汽集相关负责人表示,此次参股汽车码头,是一汽集在汽物流业务领域开启革的重要措。

  2012年3月、長春一汽の水運プロジェクトは本格的に大連港自動車埠頭でスタートした。第1弾の車102台は「安吉1号」に搭乗し山東煙台に出船した。

  2012年7月、大連港自動車埠頭は一汽輸出入会社のBESTURN B50乗用車500台を出船した。これは一汽社の乗用車が初めて大連港を通じて輸出したことになった。その後、経済的且つエコ的水輸送方式を用いて、一汽社の車を大連港経由し全国各地ひいては海外へ輸送した。

  2016年9月5日、水運送によるローコスト、規模化などメリットを味わった中国一汽社は、自動車物流業務の分野において重要な変革を行った。中国一汽社傘下の一汽物流有限会社が出資した大連港自動車埠頭を設立した。出資により内陸の企業と港を結び、双方は「港の物流+自動車工業」という「業界を跨る協力」を実現した。中国一汽グループは車の水輸送物流体系の中で重要な中枢港を遼東半島の南端に指定した。今回の提携内容として、一汽物流は8600数万元を投資し自動車埠頭を建設し、総資本金の20%を占める。一汽グループの責任者は、「今回に出資した自動車埠頭は、一汽グループが自動車物流業務で変革をスタートした重要な施策である」と述べた。

  「港の物流+自動車工業」という提携方式は、業界に跨た成功な提携となった。一汽グループ傘下の一汽物流が大連港自動車埠頭に出資してから、資本提携による貨物の集積効果が日増しに現れた。今年1月、一汽フォルクスワーゲンは大連港で正式に「大連―上海」の航路を開通し、現在に規模化の運営を開始した。4月、一汽フォルクスワーゲンの「大連―煙台」の航路を開拓し、試運転の段階に入った。824日、一汽フォルクスワーゲンの「大連―広州」航路は試運転の成功を図った。827日、「大連―寧波」の新航路の試運転が成功した。更に、1年以内に連続でブランド車輸送の4航路を開拓し、「航路による量増加」という発展方針は大連港の車取扱量の大幅向上に強い動力を注ぎ込みた。

  一汽グループの一汽物流有限会社は大連自動車埠頭に派遣した王力副総経理は、「今後、一汽社の車輸送はより多く経済的且つエコ的水輸送方式を用いる方針だ。大連港は一汽車の水運物流体系の中で重要な中枢港になる」と説明した。

  長春港は大連大窯湾の船を活用した。

  港を利用し海外進出し、業界に跨って提携し、海外行きの大通路を開通した。吉林省は東側に日本海と隣接し、南側に渤海湾を隔てるが、海外行きのルートがない問題の解決に取り組んできた。

  長春内陸港の建設は上記の努力をした一つの結果である。

  陸地にあるこの港は、船積みし・荷下ろし以外に港としてのすべての機能を備えた。

  例えば、船のチャーター、船の予約、BLの発行、箱詰め・開梱など特有な専門サービスなどを提供できる。港としての機能が一層に拡大され、「陸港」と「海港」の間で高密度、高効率を実現し、内陸取引先の運送コストを下げられ、陸港貨物の出船と輸送を保証した。それ以外、取引先に輸出入の通関申告、貨物検査申告など通関サービスにも可能で、内陸企業が長春で通関手続を完了できることになった。

  数年前に、長春市党政府代表団は大連へ考察した際に、双方の政府は長春市で内陸港を建設し、長春港で大連大窯湾の船を活用することで合意した。

  各方面からの努力と支持の下、長春市政府、大連市政府、瀋陽鉄道局、大連港グループは長春内陸港を建設する契約を結んだ。

  長春内陸港の使用に伴い、大連市の港優位を長春市の内陸資源と物流優位を結び付き、地域の間に物流協力の一体化と鉄道・海運送の連合輸送、陸・港の連動を実現した。更に、大連保税港の政策優位を利用し、大窯湾保税港の優遇政策と機能を長春まで拡大し、長春検査ゲードのサービス機能と都市の綜合的競争力を高めた。

  これは、長春が港の都市として自分の海外行きの大通路を持つことを示す。

  内陸都市として「海港」を保有することにより、強力に開放戦略の実施を促進でき、都市の影響力と競争力を全面的に高めた。

  港は国際貿易の起点と終点とし、国際水上運輸中心の最重要なインフラと物流プラットフォームである。港を中心とする近代的物流体系の建設は、水上運輸中心の最重要な支えと依託である。2016年、吉林省地域が大連港での海上・鉄道輸送の取扱量は同期比6%増の10.3万標準箱になった。2017年1~8月に同期比0.2%増の6.9万TEUになった。その内、一汽グループは2016年、大連港経由で中継輸送したコンテナ量は3.9万TEU、市場シェアーは100%となった。吉林中糧生化会社は2016年、大連港に出荷した鉄道輸送量は1.8万TEU、市場シェアーは22%になった。それ以外、吉林建竜鋼鉄有限責任会社は大連港の鉱山物混合輸送の業務展開に伴い、大連港経由で最多に鉱山物30数万トンを輸入した。業界に跨った提携により、各方面の優位性ある資源を統合し、供給の総合物流サービス体系を構築し、製品と技術の対外出力を実現した以外、吉林省のより多くの企業と貨物は「一帯一路」戦略を活用し、産業と経済の構造転換・グレードアップ・発展を後押しするとみられる。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド