ホーム>新聞 T   T   T
中国医薬ペプチドバレー公司が安図に発足
2017/11/28     出所:

  近日、中国医薬グループ総公司中国医薬薬材股份有限公司は吉林ペプチドバレーバイオエンジニアリング有限責任公司に出資し、安図で発足して「中国医薬ペプチドバレー有限公司」を設立した。中国医薬ペプチドバレー有限公司は吉林ペプチドバレーバイオエンジニアリング有限責任公司を基礎にし、資金、科学研究、生産など各方面の資源を統合し、人参オリゴペプチド製品の生産と研究開発に力を尽くし、全面的に吉林省の人参産業の健康な発展を推進する。

  今のところ、中国医薬ペプチドバレー有限公司はほぼ人参の栽培から、高度加工、科学研究、生産、販売および派生製品の開発までの全産業チェーンの配置を完成した。2018年、中国医薬ペプチドバレー有限公司は安図県に一つの3本の世界のリードする全自動小分子のペプタイドの生産ラインを有し、コラーゲンペプタイドと人参ペプタイド製品の年間生産量が500トン以上、年間生産高が100億元以上の人参ペプタイド総合産業基地を建設する予定である。

  中国医薬ペプチドバレー有限公司の前身として、吉林ペプチドバレーバイオエンジニアリング有限責任公司はずっと小分子ペプタイドの原料生産、機能食品の開発、化粧品の生産と販売に力を尽くし、過酷かつ複雑な工程によって抽出される人参の小分子オリゴペプチドは、数千年来人参の伝統服用方法の中の「のぼせやすい、浪費しやい、吸収が少ない」弊害を転覆し、人参の最も活性の効果のある理論的データを見つけた。長年での発展の中で、会社は人参の小分子ペプタイド、ナマコの小分子ペプタイド、カキの小分子ペプタイド、膠ペプタイド、スッポンペプタイド、ダイズペプタイド、牛骨コラーゲンペプタイドなど生物活性ペプチドの抽出と量産の技術を掌握したので、全国において唯一のSCを有する人参ペプタイドの原料供給商であり、12項の全世界のリードするペプタイドに関係する特許を持っている。2014年、吉林ペプチドバレーバイオエンジニアリング有限責任公司と北京大学医学部は戦略的協力に達成した。ここ4年間、北京大学医学部博士課程学生の指導教官・教育部の世紀を越える優秀な人材・国務院の特殊手当獲得者・国家食品薬品監督管理局保健食品の審査評価専門家の李勇教授はその科学研究チームを連れて、安全性から切って入れ、真っ先に人参ペプタイドの24項の機能と臨床応用を論証した。2015年、吉林ペプチドバレーバイオエンジニアリング有限責任公司は真っ先に人参の小分子オリゴペプチド粉を研究開発し、全世界に保護される人参ペプタイドの生産特許技術を獲得し、世界の唯一の人参ペプタイドの生産基地になった。

  中国医薬ペプチドバレー有限公司の董事長宗平氏は、「これは資源の統合によって飛躍的発展を実現する成功した試みである。世界の四大人参の産地として、吉林の人参産業の将来性が広大で、高付加価値の人参ペプタイド製品の開発は、国内外の市場ニーズに迎合するとともに、吉林人参が国際舞台での全体の競争力を高めた」と述べた。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド