ホーム>新聞 T   T   T
上海・吉林の青年農場主が田舎経済をアクティブにする新鋭軍になった
2017/12/01     出所:

  近日、上海の青年農場主である卿有銭氏は吉林省のいくつかの青年農場主と協力の意向が成立した。いくつかの「吉」を冒頭字とする林下野山参、レイシ、キクラゲ、米などの農業特産品は、「村里有人」という社団販売プラットフォームに、誠実・率直・東北方言っぽい東北の「網紅(ネット有名人)」より鋭くて刺激性のある言語で出す予定である。

  卿有銭氏と同じく、吉林省農業供給側の構造的改革が深く推進することに従い、農村の吸引力は絶えず強めてきて、上海からの現代青年農場主はどんどん吉林省にどっと入っていて、吉林省の青年農場主と一緒に、深く吉林省の農村の古い理念、古い顔を変えていて、農村の経済をアクティブにする「新鋭軍」になってきた。

  2016年、上海市農業委員会と吉林省農業委員会とは「上海―吉林の現代青年農場主の学習交流活動を展開する枠組みについて」の協議を締結した。その後、両地間の自然な優位と市場優位は若者らの推進の下で、新たな方法で融合・しみ込んで、交差し再編している。

  少し前に、37名の上海青年農場主代表「団体」は吉林省に来て協力交流を行った。

  「農業企業を更に発展させるならば、農業の科学技術進歩に頼り、内包式の発展道を行かなければならい」。上海の農場主金偉豊氏は「九月豊」のご飯を味わった後に、同行する親しい友人と一緒に、「どのように全面による調達によって、吉林生産基地を創立すること」について、一回の「頭のあらし」を行った。永吉県一拉渓鎮の九月豊家庭農場は、国家のジャポニカエンジニアリング研究センターなどのいくつかの科学研究部門と協力するだけではなく、毎年優良品質、高生産量、高抗などの稲種資源を優先的に選んで試験的に植え、そして植え付けから収穫まで全行程で機械化を実現した。

  調査によると、上海と吉林両地の青年農場主など新型経営主体の動かしの下で、吉林省の農村旅行、生態農業、農村電子商取引などの新たな業態は突然に現れている。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド