ホーム>新聞 T   T   T
長春市の農村金融総合改革が新たな効果を取得
2017/12/01     出所:

  11月30日午前に開催された長春市農村金融総合改革展開の実験情況記者会見から取得した情報によると、長春市は金融の農業の適度な規模経営能力の向上と、関係産業モデルチェンジ・アップグレード能力の向上に対する支えを大筋にし、力を入れて金融の「三農」にサービスする発展体制の構造に制約する障害を解決し、マルチレベル、広範囲、持続可能、競争適度、リスク制御可能な現代農村の金融体系を建設する過程で新たな効果を得た。

  農業・農村・農民にかかわる金融組織・機構の体系を作り上げ、長春における5つの農業・農村・農民にかかわる県(市)区はすべて農村信用合作社の制度改革を完成した;農業・農村・農民にかかわる県(市)区における村・鎮銀行の全カバーを実現した;農業合作社の資金相互扶助部は着実に実験点において推進している;農業・農村・農民にかかわる金融サービス機関は持続的に豊富になっている。農業・農村・農民にかかわる金融製品業務体系を豊かにし、土地経営権、宅地使用権の担保付貸付の実験点を推進する;「食糧銀行」の実験点の業務を広く開拓する;保証、小口ローンの農業・農村・農民に対する支援効果を発揮させ、9月末まで、長春小口ローン会社は累計で1577口を貸し出し、累計で36.11億元を貸し出し、同時期比27.1%増加した。農業・農村・農民にかかわる金融資本の市場システムに広く開拓し、九台農商銀行はみごとに上場した;6社の農業・農村・農民にかかわる企業は「新サンパン」に上場した;地区農村所有権取引市場の建設を推進する。農業・農村・農民にかかわる金融サービス体系を完備させ、農村物権会社設立の推進を加速する;農村金融サービス・ステーションの建設を進め、農村の基本的な金融サービスを普及させる;農村信用情報の統合応用を進める。農業・農村・農民にかかわる重点的な領域の金融支持体系を構築し、農業の発展基金を設立する;農業産業化の特定項目の資金を設立し、毎年1200万元ぐらいの農業産業化の特定項目資金を設立する;農産物のブランド育成に対する投資力を強化する。農業・農村・農民にかかわる金融政策の支援体系を改善する。

  聞くところによると、去年5月、吉林省は『吉林省農村金融総合改革実験実施案』を発表した。同年10月、『長春市農村金融総合改革実験実施案』が発表され、長春は6大項目、30つの具体的な任務をめぐって全面的に農村金融総合改革実験を展開した。次に、長春市は各方面の農村の金融改革・革新に参与する積極性を動かし刺激し、力を入れて農民のローンの難題を解決し、農村所有権市場と農村信用システムの建設を推進し、農業・農村・農民にかかわる保険製品などを研究開発する。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド