ホーム>新聞 T   T   T
吉林米が「雲高速」を開き
2017/12/01     出所:

  11月30日午前長春で開催された吉林省食糧局とアリババとの戦略的協力の記者会見曁吉林米公式旗艦店のオンラインスタート式典から取得した情報によると、合意の内容によって、吉林米は淘宝(タオバオ)・天猫(テンマオ、Tmall)において政府のフラッグシップショップを開くとともに、吉林省内における一部農村の淘宝産地倉庫を開通し、吉林の米がブランド農産物とする上りの通路を広げることを目指す。今回の協力は、吉林省の吉林米を代表とするハイエンド農業ブランドが電子商取引建設の方面に重大な進展を得たことを示し、更に吉林の優良品質のイネ産業を推進するために強力な支えも提供した。

  双方より締結された戦略的協力協議により、アリババグループ所属の天猫(テンマオ、Tmall)、聚划算(ジューファスワン)、天猫(テンマオ、Tmall)スーパーなどのオンライン資源はすべて吉林の米に向って開放された。同時に、馬生鮮、三江、聯華、天猫(テンマオ、Tmall)ショップ、小売り通コンビニなどのオフライン資源を開放し、吉林米の製品が全国におけるランディングの加速を目指す。それ以外に、吉林省食糧局とアリババグループはまた「全国の初優良品質の米の特注化模範省」を構築する目標をめぐり、共に「郷甜農場」、「稲夢小鎮」などの生態農業模範地区を構築し、土地の流動移転、注文書・栽培、品質追跡などの基礎建設を加速し、オンライン注文、プライベートカスタムなどの新型のマーケティングモデルを探求し、持续优化吉林大米产品结构,形成优质优价的流通机制,促进农民增收、企业增效。持続的に吉林の米の製品構造を合理化し、品質も値段もより流通構造を形成し、農民の収益増加、企業の利益増加を促進する。アリババの関係責任者は、「吉林省の優越している自然資源優位は優良品質の吉林の米をはぐくんだ」と表した。双方は戦略的協力が成立し、阿里は所属の資源を統合し、優良品質の吉林の米のためにルートを建て、迅速に吉林の米の市場占有率を高め、更に吉林の米の知名度を推進する。

  現在、吉林米天猫(テンマオ、Tmall)公式旗艦店の第1陣は22社の吉林の米企業の66モデルの米を引きつけて店内に販売開始し、製品はすべて中・ハイエンドに位置付け、最低の販売価格は12元/キログラムとする。この旗艦店の運営センターは吉林米ネットに設置され、同時に延辺、舒蘭などの所に置いて産地倉庫を設立し、標準を統一させ、統一的に商品を用意し、統一的に包装し、統一的に発送し、統一的に決算する。

  吉林省委員会・省政府はずっと吉林米のブランド建設を非常に重視し、吉林省財政は連続4年累計でブランド構築特定項目資金を1.4億数元支給した。吉林米の「5つの1工事」が持続的推進に伴い、吉林米のブランド知名度、名誉度と影響力はいずれも迅速な引き上げを得た。今回、吉林米と全世界電子商取引の先頭企業であるアリババと協力するのは、資源優位とルート優位との強力な組合せで、吉林米のブランド建設の需要に合うとともに、アリババの農業プレートに配置する戦略需要にも合い、消費のアップグレード順応と人々の良い生活の需要に対する探求の満足、および食糧供給側の構造的改革推進の加速に対して重要な意味がある。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド