ホーム>新聞 T   T   T
吉林省・省検察院公益訴訟チームが「集団一等功」を獲得
2017/12/01     出所:

  近日、最高人民検察院は、公益訴訟実験点の仕事においてプラス影響を発揮し、重大な効果を得て、法律の監督機能を履行するために顕著な貢献をした吉林省人民検察院行政検察部に対して「集団一等功」を記録することを決定した。最高人民検察院の表彰決定の中で全国検察機関と広大な検察人員が彼ら(一等功の獲得者)の「最初の人になる勇気があり、責任を負い、先行先試、大胆に実践する」改革精神を学ぶように呼びかけた。

  2015年7月、吉林省検察機関は全国公益訴訟実験部門に確定された。2年来、吉林省検察機関は全国の初めての行政に民事が付帯する公益訴訟などのいくつかの重大な影響のあった事件を取り扱って公共の利益を守っただけではなく、一連の公益訴訟制度を探求し創立し、1本の「事件処理・指揮・調査研究・調和・授業可能な」行政検察チームを育成し、長白山地区における生態環境と資源保護などの「1+4」検察・監督特定項目行動を組織し展開し、公益訴訟の「吉林見本」を形成した。

  全国でメカニズム構築数量の全国の第1を実現し、起訴事件に対する裁判所の判決支持総計は全国の第1であり、最初に省レベルの政府に検察提案を出し、行政に民事が付帯する公益訴訟事件を取扱い、最初に消費領域における公益訴訟起訴の支持事件をし、最初に訴訟前準備事件の全面カバーを実現し、最初に実験点の下部検察院の訴訟率が60%を超えたことを実現し、吉林省委員会を推進して作成された『全面的に検察機関の公益訴訟提起仕事を展開し法治の吉林の建設を推進する意見について』は、全国において第1部の省レベル党委員会より作成した専門的に検察機関の公益訴訟提起ファイルを支持する「8つの第1」という仕事の業績である。

  2年来、吉林省検察機関の9つの試験点地区における66つの下部検察院は共に事件の手がかりを1123件発見し、訴訟前準備事件を665件処理し、訴訟前の準備によって解決した公益訴訟事件は86.2%に達した。法律に基づいて提起した公益訴訟事件は111件とし、そのうち、裁判所はすでに72件判決を下し、すべて検察機関の訴訟要請に支持し、事件処理数量、品質、効率、効果は全国における13つの実験省の前列に位置する。

  今回の表彰において、白山市江源区検察院民事行政検察部の閆瑞明副部長は2等の功績を獲得し、吉林省検察院行政検察部の補佐検察官李穎氏は表彰された。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド