ホーム>新聞 T   T   T
紫鑫薬業社が世界最大の野生朝鮮人参を展示
2018/01/10     出所:

  吉林紫鑫薬業股フン有限会社(以下“紫鑫薬業”と略称する)が株主である敦化市康平投資有限責任会社(以下 “康平投資”と略称する)と紫鑫薬業社が共同で記者会見を行われ、2017年当期に採取した稀少な野生朝鮮人参を展示し、科学研究に無償で提供すると宣言した。この野生朝鮮人参は小興安嶺の山脈から採取され、出土時の正味重量が約600グラム、現在世界で知られた単体重量が最大な野生朝鮮人参であった。

  この野生朝鮮人参が貴重な薬用価値と研究価値があるため、康平投資社と紫鑫薬業社がサンプルを採取し、それぞれ中国漢方医科学院漢方薬資源センター、吉林農業大学漢方薬材料学院、オランダFytago-ras会社(FGと略称する)に送付し、研究に使用できる同時、組織培養など方法を通じて朝鮮人参の遺伝子が引き続き生きさせ、優良品質の朝鮮人参の種の遺伝子を取り、、朝鮮人参種の資源データーベースを構築し、朝鮮人参新品種の育成と厳選を展開し、新しい朝鮮人参の品種を開発することを期待する。一方、康平投資社と紫鑫薬業社がこの朝鮮人参のDNAサンプルを世界最大の朝鮮人参種研究センターにて保存され、今後の科学研究に応用することを目的とした。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド