ホーム>新聞 T   T   T
通化市は行政簡素化・権限委譲に取り組み
2018/01/26     出所:

  通化市天之強医薬連鎖有限会社の苗紅総経理は、「今まで柳河県から市内まで行くと、交通費用だけで約100元を掛かったが、現在「証明書の一本化」につれて、1つの窓口で複数の審査手続きができるだけでなく、企業に許可証まで郵送にもできる。申請手続きや公印の手続きが簡素化になり、費用と時間が節約でき、多くの精力を企業の発展に入れられる」と通化市の行政簡素化・権限委譲を高く評価した。

  直近数年、通化市は行政簡素化・権限委譲、行政審査制度に取り組み、政府の権限委譲により市場の活力を刺激され、民間経済の付加価値額がGDPに占める割合は53.8%に達した。現在、同市の政府部門の権限数は4776項から2608項に減らした。行政許可事項は従来の49部門の473項から33部門の257項まで減らした。政務大広間での行政許可部門数は従来の26部門から36部門に増加し、部門の進入率とプロジェクトの進入率は従来の53%、65.6%から100%に引き上げ、審査の授権率は従来の21%から93.2%まで引き上げた。

  集中的に取り扱い、審査の所要時間が短縮された。具体的施策として、集中的処理、模擬処理など手段を用いて、相次ぐ5回に行政審査時間を圧縮し、平均の22.6出勤日から6.4出勤日に圧縮された。「多証明書の一本化」「先免許・後証明書」の商事制度改革を実施し、営業免許書及び証明書の受理時間は20数日から3日に圧縮され、90%以上の証明書は当日に処理完了できる。

  並行審査を行い、投資の審査・許可を最適化した。発展改革委員会、企画、国土、環境保護、気象など16部門はプロジェクト審査許可サービスセンターに進駐し、プロジェクトの審査項目を立件、用地、計画、工事、検収五つの工程に統合した。「共同で審査・許可、共同で検収・代行サービス、承諾制度」を展開した。現在、申請事項とプロジェクトの流れを統合し、1/3程度の申請書類を削減した。一般プロジェクトは許可まで50日以下、特別プロジェクトは許可まで80日以内に完成できる。(国家安全、危険化学品に関わる為)。

  取り扱い方法を明確にし、審査事項の透明化を図った。市本級の321項行政許可項目の基本情報を整理し、プロジェクトをめぐって根拠、申請条件など16方面の内容を設定した。項目ごとに『取り扱い案内』と『行政許可項目フローチャート』を制定した。政務サービスの一括化を推進し、第1弾の「一括化」政務サービス事項157項を公表した。政務大広間に郵政EMS速達窓口を設立し、必要に応じて無料配達、異郷郵送をできる。

  体制を健全化にし、審査・許可サービスの高品質と利便性を図った。政務大広間の窓口スタッフに『考課方法』『定量化基準』を制定し、最初から受理、一括で通知、時間限定で処理完了など『政務サービス最適化の規定10項』を運用した。積極的に「インターネット+政務」モードを推進し、全工程の行政審査システムが運用された。ネット上の証明書発行サービスを開通し、身分証明書の再発行と新版の受領、運転免許証、ナンバープレートなどの異地申請を実現した。末端の政務サービスセンター、便利サービス・ステーションの普及率は99.3%に達した。現時点で、公共サービス事項約13万件を処理完了した。国家税務局と地方税務局の業務を統合し、税務業務の「窓口一つで一括受理」を実現した。吉林省初の税務コンサルティングサービスセンターを設置し、税務事項の90%がネットで受理できた。

  費用削減・減税政策を運用し、企業のコストダウンと増益を確実に推進した。「権限委譲・管理の最適化・サービスの強化」改革と供給側の構造改革を計画通りに進め、実体経済の企業コスト削減の『実施意見』を打ち出した。費用削減・負担軽減の特別行動を実施し、確実に営業税から増値税への変更を推進し、行政事業性の料金徴収、政府性の基金など企業に関わる費用を全面的整理し、費用項目38項を取り消し、徴収停止・削減した。更に、企業に関わる仲介サービス事項30項を取り消した。2016年に企業コスト6.6億元を削減したことを踏まえ、2017年に企業の減税額と税金還付額は累計17.5億元になった。「振り返て活動」を展開し、実行中の問題点を捉えて直ちに解決し、国家と省政府の各優遇政策を確実に実施した。

  監督・管理を強化し、「抜き取り検査二つ・公開一つ」制度を全面的運用された。抜き取り検査システムを確立し、関連細則を完備し、業務教育と調整制度を強化し、「抜き取り検査二つ・公開一つ」制度の運用進捗と品質を保証した。昨年12月に、「抜き取り検査二つ・公開一つ」システムにより、抜き取り検査261回(内の共同抜き取り検査2回)を実施した。、抜き取り検査の対象は5603社、抜き取り検査人員は1031名、入力済みの検査結果は5110条となった。現時点で、全市の53部門に授権し、細則・計画200部余りを策定し、抜き取り検査事項672項を確定した。法律執行人員1385人を名簿リストに入力され、「抜き取り検査二つ・公開一つ」システムが全面的応用された。

  市場主体の活力を激発した。(裴虹薦氏)

  市場活力を激発し、政府と市場の関係を規範化にすることは極めて重要だ。通化市は行政簡素化・権限委譲を深化し、「権限委譲・管理強化・サービス最適化」の改革を推進し、市場に資源配置の決定的役割を果たさせ、積極的に政府の牽引役を発揮させ、市場主体の活力を大きく激発された。

  審査の並行化、受理の集中化を実現し、行政審査制度の制約を打ち破った。発展改革委員会、企画、国土、環境保護、気象など16部門の審査・許可業務を統合し、政府の行政効率を高めたことは、意識の改革と言っても過言ではない。プロジェクト参入の最適化、手順の簡素化、サービス・指導の強化など系統性、全工程の改革審査体系により、開放・公平・規範・有効な市場投資と発展環境を構築された。

务」等新型便捷服务模式,让群众办事不求人。做好服务的同时,全市积极为企业清减税费、降本增效,强化市场监管扫清「盲点」,为激活经济发展提供了动力之源。

  権限の委譲に関して効果的対策を実行した。県・市・区に「複数証明書の一本化」「先営業免許・後証明書」など政策の実施により、数多くのプロジェクトは区範囲で受理でき、審査日時にも圧縮され、市街区域の活力が更なる激発された。末端の需要に応じてサービスを提供し、権限を委譲し、効率を大幅に向上された。

  政務サービスに関して、一括で受理完了制度の運用により、手順の複雑化、審査の長期間など問題を解決された。一回目に受理、一括で連絡、期限限定で受理完了など『政務サービス最適化規定10項』と「インターネット+政務」など新型且つ便利なサービスモードの運用により、行政の簡素化を実現し、サービスを強化した。それと同時に、全市は積極的に企業の税金と費用を軽減し、コストダウンと増益を実現し、市場管理の強化を制約する問題点を解決し、経済発展のために動力源にも与えた。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド