ホーム>新聞 T   T   T
吉林省経済貿易交流代表団の研修・考察終了
2018/06/04     出所:

  6月1日、吉林省経済貿易交流代表団は深センにて人材交流座談会と香港・マカオ有名な企業家座談会を開催した以外、BYD会社、華大基因科学技術会社、深セン証券取引所、恒大グループへ考察し商談を行い、提携協定を締結した。吉林省党委員会副書記・省長の景俊海氏は出席した。

  深セン人材交流座談会には、在深センの吉林省籍の優秀な人材50名ほどが参加し、故郷の人情・風土を話し合い、発展のチャンスを議論し、現場の雰囲気が盛り上がった。深セン清華大学研究院の世山院長など吉林省籍の人材7名は発言を行った。景俊海氏は、「各吉林省籍の英才は故郷から離れて生活し、成功を収めたことは、故郷の誇りだ。長年に亘って、皆様は故郷の発展を関心・投資し、吉林省の発展を後押ししたことは故郷は決して忘れられない。実力の向上ために人材の実力は不可欠だ。吉林省の再発展・再振興を図るため高品質、高レベル、ハイテクの人材を集めて活用し、人材の導入に取り組むことは必須だ。皆様は帰省し起業・就業・発展することを大歓迎する。我々は一流の起業環境、発展環境、企業の経営環境を構築し、人材の才能発揮と功績に良い条件を整える」と明言した。

  出席者50数名は香港、マカオから深センへ香港・マカオ有名な企業家座談会に参加した。

  第13回全人代の代表・香港中華総商会副会長の李応生など企業家代表11名は相次ぐ発言を行った以外、「吉林省は多数のビジネスチャンスがあり、発展の潜在力が大きいとみられるため、吉林省へ投資し提携プロジェクトを建設し、ウインウイン関係を築きたい」と表明した。景俊海氏は、「美しい山と川の景色に恵まれ吉林省は、発達された科学教育の資源、確固たる産業の基盤、豊富な資源など優位性があり、全面的開放に向かって全力で進んでいる。新時代に向かって、香港とマカオの企業家がこのチャンスをとらえ、「一帯一路」の提唱、広東・香港・マカオ大湾区の建設、東北振興戦略の再実施などを契機にし、先進的な理念、最前線の技術、より多くの資本、より多くのプロジェクトを吉林省に与え、吉林省の振興に助言し後押し、香港、マカオと吉林省の協力を深めることを期待する」と明言した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド