ホーム>新聞 T   T   T
吉林省、世界環境日活動展開
2018/06/06     出所:

  6月5日、第47世界環境日を宣伝することを目的とし、吉林省環境保護庁が主催する「美しい吉林省・我々が行動中」をテーマにする六五世界環境日との宣伝活動は吉林省自然博物館で開催された。

  今回の活動は、『公民環境保護行為規範』の提唱・署名活動、活動展示パネルと自然博物館の見学、生態文化曲芸公演の観賞、グリーン自転車乗り・徒歩活動など4の内容を設けた。53枚の展示展示パネルより構成された環境保護方形陣形には、吉林省の環境保護の成績、習近平氏の生態理念、環境保護に関する科学知識、公民の環境保護行為規範、汚染源の調査結果、環境保護産業の展示パネル、環境保護技術の展示パネルなどを含む。吉林省環境保護庁の関連責任者は、「この活動により、全社会が積極的に生態環境の建設に参画させ、手を携えて自然を尊重し、自然に順応して自然を保護し、エコの生産スタイルと生活スタイルの形成を加速し、青空、緑山、清水、美しい環境になることを目的とした。

  白山市の宣伝活動の現場には、環境保護に関する法令・法規、科学普及の知識、汚染源の全面調査、健康保護対策を主とする展示パネル21枚を展示され、ヘルプデスク8ヵ所を設けた。入場者にショッピング袋1000枚、宣伝資料5000数枚を配布した。同時に、広大な市民に「美しい白山・我々が行動中」という提案書を発給し、その現場で環境保護に関わる苦情や相談を受けた。

  遼源市人民広場にて、竜山区の環境保護法治のボランティア活動は行われた。環境保護法治のボランティア700数人は環境保護の署名活動に参加し、環境保護テーマの展覧を観覧した。

  当日、竜山区の各郷・鎮、コミュニティ、部門とボランティア協会は仕事の実態に応じて、「使いやすい公益」、環境保護テーマ講座、環境保護印刷の掛け軸など豊富・多彩の宣伝活動を展開することにより、更なる良好な雰囲気を構築し、環境保護知識を普及し、自らの行動でエコの家園を保護することを目的とした。

  松原時代広場にて、松原市環境保護局が青年団松原市委員会、中国石油吉林油田支社、松原市公安局と共同で寧江区沿江街道金鑽団地と寧江区浜江街道班芙団地にて、「美しい中国・私が行動者」をテーマにする環境保護宣伝活動を展開している。活動現場には、環境スローガン記入の掛け軸18枚を掛け、環境保護政策、環境保護の法令・法規、環境保護の科学普及知識、環境保護の成果など宣伝パネル80枚を並べ、環境保護ヘルプデスクを設立した。宣伝の参加部門、スタッフ、環境保護ボランティアなど200人余りは入場者に『環境保護法規マニュアル』『生態文明知識マニュアル』『公民環境保護行為マニュアル』『環境保護知識100質問』『公民環境保護法律普及の質問と回答』『水源地保護知識マニュアル』など10種類以上の環境保護宣伝用の印刷物を発給した以外、宣伝ビラ3000枚、マニュアル600枚、環境保護ショッピング袋900枚を配布し、環境保護知識に関する質問を回答し相談を対応した。それ以外、現場の入場者を集めて「美しい中国・私が行動者」という署名活動にも参与させた。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド