ホーム>新聞 T   T   T
吉林省党委員会常務委員会議にて習近平総書記が中央関連会議での重要指示を伝達
2018/06/06     出所:

  65日、吉林省党委員会の巴音朝魯書記は吉林省党委員会常務委員会議を主宰招集し、習近平総書記が中国科学院第19回院士大会、中国工学院第14回院士大会および中央政治局会議にて『農村振興戦略計画(2018-2022年)』と『脱貧困難題攻略戦3年行動指導計画』を審議際の重要指示を伝達・学習したとともに、新時代に幹部の新担当・新作為激励及び転勤生強化・改善座談会の精神及び吉林省の実行計画を聴取し、『吉林省の広大な幹部が新時代に新担当・新作為を激励する実施計画(討論草稿)』『吉林省遼河流域水汚染総合的改善行動案(討論草稿)』にも議論した。

  会議にて、下記のことを指摘された。習近平総書記が両院院士大会にて重要演説を行い、第18回党大会が開催以来、中国の科学技術事業の歴史的変革と歴史的業績をまとめた同時、中国科学技術の発展が直面する情勢と任務を深く分析し、「世界科学技術強国」の目標実現に重点的指示と明確な要求にも出した。その内容を深く理解し、正確に核心の要義を把握し、習近平総書記の重要演説により吉林省の技術革新を指導・推進する。「デジタル吉林省」の建設、技術革新との優位性の発揮、両院院士と科学技術人材へのサービス、党から技術事業への指導など面で取り組み、吉林省の特色ある発展の道を踏み出すことは不可欠だ。

  農村振興戦略の実施は、新時代に「三農」活動推進の切り口である。よって、習近平総書記の重要な指示に従い、農村振興戦略を最優先の位置に置き、産業の発展、生態・住みやすい・郷風文明、改善の有効化、豊かな生活など総要求に基づき、農村改善体系と改善能力の現代化、並びに農業・農村の現代化を加速させる。農村振興に伴い、農民に獲得感、幸福感、安全性を与える。脱貧困という難題攻略戦に勝つことを重大な政治任務にし、責任感と緊迫感を増強し、貧困扶助の精確性、脱貧困の精確性との基本方策に従い、総力を挙げて脱貧困の難題を解決し、貧困地区と特殊の貧困群体に焦点を当て、脱貧困という難題攻略戦に全力で取り組むべきだ。

  各級党委員会(党組織)は中央政府が打ち出した『広大な幹部が新時代に新担当・新作為を激励する計画』と吉林省の『実施計画』を学習・実行し、幅広く学習・宣伝、典型の推薦など施策を通じて、吉林省で担当・作為を激励し、地道な努力を発揚する良好な風潮を形成する。一方、新時代に転勤生の強化・改善を強化し、政治基準に基づいて作業手順の規範化を図り、監督・管理を厳格に実施し、事業の発展のために高レベルの人材を育成・導入する。

  遼河流域に関する汚染改善は汚染改善行動のポイントであり、習近平総書記の重要な指示に従い、全面的に中央環境保護査察チームからの指摘を是正し、責任・措置・実行力を強化し、このシンボル的な難題の攻略戦に勝ち、党中央と吉林省の人民の満足度を高めることに努める」と指摘された。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド