ホーム>新聞 T   T   T
新時代に開発区改革・革新・発展の新道を踏み出しと景俊海氏が吉林省開発区革新発展大会で強調
2018/07/02     出所:

  吉林省開発区革新発展大会は6月29日、長春で開催された。省党委員会副書記・省長の景俊海氏は出席し、「習近平氏の新時代に、中国の特色ある社会主義の思想に従い、吉林省党委員会の要求に基づき、「生産を基にし、人を基本にし、生態最優先、環境優良」を原則にし、開発区を改革の先頭兵、開放の最前線、革新のスポットライト、発展の新動力まで建設し、新時代に開発区の改革・革新・発展の新道を踏み出すことは必要だ」と強調した。

  景俊海氏は、「新時代に入った開発区は、革新・発展を加速することは重大な意義があり、任務を達成するためにきわめて困難だとみられる。具体的要求は下記の通り。1、責任感と緊迫感を強めること。新時代の需要に応じて国内外を狙い、改革・革新を深化し、発展の差別化となり、高品質の発展を図る。2、発展方針を明確にすること。開発区の数量、計画、位置付け、機能、体制、構造、ルートなど重大な問題を見極めること。位置付けを明確にし、鮮明な特色を生かし、科学的計画を策定し、都市のコネクティビティと機能の補完を実現する。大分散と小集中を原則にし、産業と都市の融合を進める。産業集中区、ダブル革新スペース、モデル・ケース、経済成長点を形成する。革新、創業、融資、投資、育成、訓練、仲介物流など関連機能と公共サービスを完備する。開発区と行政区の統一的協調を強化し、共同建設を推進し、全面体権限を委託し、管理の集約化、簡明化、高効率を実現する。率先に大部門制を運用し、受理場所、受理窓口、受理ネットを一本化にし、一回で手続きを済む。視野を広げ、改革深化を動力にし、革新・創造により動力を加え、企業誘致によりプロジェクトを建設し、人材を大切にして人材を導入し、飛躍的発展を目指す。3、革新・創造に取り組むこと。プラットフォームとプロジェクトの建設を強化し、技術成果の転化を加速する。主導型、成長型、未来型の産業を育成し、エコ・集約化の発展の道を歩む。4、改革・開放を全面的深化すること。政府推進、市場運営、多元化の投入を原則にし、企業誘致を拡大する。5、サービスの保障を強化すること。要素の供給を強化し、考課方法を制定し、実行力を高めて良好な環境を構築することは不可欠だ」と要求した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド