ホーム>新聞 T   T   T
吉林省、「5G」産業分布加速へ取り組み
2018/07/03     出所:

  啓明情報技術股フン公司が建設担当する国家知能ネット自動車応用(北方)モデル区は、国家が第1弾に支持する7モデル区の1つである。現在、モデル区はV2I(車と道側のインフラ接続)のテスト条件を整え、「5G」ネットを利用し車の動態情報をスマート交通管理システムに伝送でき、知能ネット自動車に対して長距離の接続などテスト応用を完成した。

  国家知能ネット自動車応用(北方)モデル区は今年7月17日、第2期の建設工事を完成した。これは吉林省初の5Gネットの応用となった。

  吉林省は5Gネットの建設と発展にあたって、様々な困難を乗り越え、先行にネット構築・応用・普及に取り組んでいる。417日、長春市は一汽集団傘下の紅旗H7FAWX80、解放J7に知能ネット自動車の道路テスト許可証を授与した。一汽集団の自動車業界の接続プラットフォームテストプロジェクトは工業情報部より2018年工業インターネット革新発展プロジェクト名簿に組み入れた。吉林省チャイナモバイルは吉大経信ビルと会議展センターのミュージックに5Gの1Gb体験拠点を開通した。更に、一汽本部、紅旗小鎮、中国中車長客工場など区域の普及を開始し、次のステップとして5Gテストネットの建設とテストを行う見込みがある。

  第五世代の移動通信ネット(略称「5G」)は、超大の通信容量、フリーボードの速度(率)、超多の接続、超低の時間遅れ、超低のエネルギー消耗量、カバー面積が広いなど優位があり、「万物インターネット」を構築する基礎であるだけでなく、国家がデジタル経済、スマート製造、ネット強国を建設する肝心なインフラでもある。吉林省は「5G」の発展を支持しており、間もなく『第五世代移動通信ネット建設に関する実施計画』を打ち出す計画がある。その内容として、2018年~2019年、省内の物のネットワーク化、工業インターネット、知能ネット自動車、デジタル吉林省の建設ニーズに応じ、適時に特定分野、特定業界、特定区域を満足できる5Gネットを展開し、3-5区域の応用モデル工事の建設を完成する。2020年までに一応に市(州)、県(市)及び重点の郷鎮まで5Gネットを普及させることを定めたことが明らかになった。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド