ホーム>新聞 T   T   T
末端の第一線へ問題解決し、優良な作風で企業発展にサービス提供と巴音朝魯氏が吉林市で実態調査時に強調
2018/07/06     出所:

  吉林省党委員会の巴音朝魯書記は7月4日、吉林市へ中小企業の発展、工業経済の安定的成長を目的にして実態調査を行った。「各級党委員会政府と関連部門は習近平氏の新時代に中国の特色ある社会主義の思想を指導にし、末端、企業、発展にサービスを提供する理念を確立し、地道な努力を積み重ねて、第一線へ実態調査を展開し、企業が抱える問題を解決し、経済の持続的且つ健全的発展を維持する」と強調した。

  中小企業は雇用創出の主要なルート、技術革新の新鋭軍として、経済社会の発展に伴って全体を左右し、掛け替えのない役割を果たしている。巴音朝魯氏は相次ぐ吉林市竜淼化学工業、松花江実業集団、合潤化学工業、東福商、城投築路材料、吉星タイヤ有限会社など企業6社の現場へ、企業当面の生産経営状況、問題点、困難を尋ねて、企業の責任者と共同で問題解決・困難克服の対策と方法を研究した。「一時の圧力を対応し、市場のニーズに応じて、発展戦略を調整し、技術、製品、経営面の革新を加速し、企業の構造転換・グレードアップを推進し、市場シェアを拡大し、利益を高めて企業の活力と競争力を強めて行く」と励んだ。

  巴音朝魯氏は報告会を主宰・招集した。吉林市と省工業情報庁は上期の経済発展実績及び工業経済運営の状況を報告し、企業責任者6名が発言を行った。巴音朝魯氏は、「今年、複雑な経済情勢に直面しており、吉林市は吉林省党委員会と省政府の要求に基づき、安定を維持しながら進歩を求める総基調を確立し、経済の安定的成長、改革促進、構造調整、民生改善、リスク防止など面で取り組んできた。その結果、経済社会の発展は新変化、新スポットライトを発生した。吉林市は新発展の理念を運用し、高品質の発展を目指し、効果的施策を講じて、中部の構造転換核心区の建設を加速し、吉林省の発展大局に新たな貢献をする」と要望を出した。

  巴音朝魯氏は、「問題点を見極めて、自信を固め、当面に工業経済運営の構造矛盾を認識し、肝心な領域とウィークポイントを捉え、全力で工業経済の穏やかな発展を推進する。効果的施策を講じて、扶助措置を強化し、的確性と操作性ある政策と措施を打ち出す。銀行・企業・科学研究機構の連携、企業誘致、扶助、政策の実行、金融面の扶助、負担軽減、資本運営、構造転換・グレードアップに取り組み、企業の生産経営に関わる困難と問題点を解決する。環境を最適化し、サービスを強化する。引き続き「権限委譲・管理強化・サービス最適化」の改革と「一回だけ手続き済む」の改革を進め、更なる政務環境を最適化にする。作風を改善し、実行力を高め、各級幹部は地道な努力を積み重ねて、面対面に企業の困難を解決し、企業の安定且つ平穏な経営を図る」と強調した。

  巴音朝魯氏は、「企業家は自信を固めて挑戦に対応し、積極的に難題解決の方法とルートを探す。一刻も早く問題点を積極的解決し、会社自身の優位性を活用し、潜在力を引き出し、企業の市場競争力とリスク対応の能力を高める。ハイエンドを目指し、構造転換を加速し、一日も早くレベルアップし、大作為を実現することを期待する」と語った。

  「一方、当面の吉林省はプロジェクトの施工と企業生産のゴルドー季節と増水期に入ったため、習近平総書記が掲げた「人を基本にし生命至上」との重要思想と安全生産の重要指示に従い、麻痺の思想と幸いな心理を克服し、重大・特大な安全生産事故の発生を撲滅し、洪水防止を強化し、人民群衆の生命と財産安全を確保することは必要だ」と指摘した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド