ホーム>新聞 T   T   T
シガツェ市の党政府代表団が吉林省へ考察
2018/08/06     出所:

  83日~5日、西蔵自治区シガツェ市党政府代表団は吉林省へ考察を行った。8月3日、吉林省委員会副書記省長の景俊海氏は長春にて西蔵自治区政府副主席シガツェ市委員会書記の張延清をはじめとする代表団一行を会見した。

  景俊海氏は吉林省委員会と省政府を代表し歓迎の意、並びに長期以来に吉林省のチベット援助幹部に対する配慮と協力に謝意を表わしたとともに、「シガツェは吉林省がチベット援助地区の一つである。吉林省委員会と省政府は昔からチベット援助を高く重視している。特に中央政府の第6回チベット座談会が開催以降、習近平総書記が掲げた「治国は辺境治理必要、辺境治理はチベットの安定必要」という重大な戦略計画に従い、吉林省の特色あるチベット援助の方法を開拓し、プロジェクト、知力、文化、感情など方面からチベットへの援助を強化し、両地人民の交流、付き合い、融合を促進した。今後、引き続き党が掲げたチベット統制方策に従い、教育、科学技術、工業、農業、商業、衛生など分野でチベットへの援助を拡大し、経済と貿易の交流活動を展開する。農業技術、氷雪旅行など方面で提携の潜在力を生かし、シガツェ人民に福祉と恩恵を与えることに努める。双方は更なる協力交流を緊密にし、全方位、ハイレベル、緊密型の協同関係を構築し、共同でチベット援助の新局面を開拓することを望む」と述べた。

  張延清氏は吉林省が長年に亘ってシガツェの建設と発展への援助に謝意、並びに吉林省が経済社会の各方面での良い成績に祝賀の意を表した以外、「吉林省が今後シガツェの発展を引き続き支持し、経済の建設、民族の団結、社会の進歩を推進する事を望む」と表明した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド