ホーム>新聞 T   T   T
景俊海氏は吉林省政府常務会議を主催 「一回だけ手続き済む」改革など検討
2018/08/06     出所:

  83日、吉林省委員会副書記省長の景俊海氏は吉林省政府2018年第13回常務会議を主宰招集し、「一回だけ手続き済む」改革、青空保衛戦などを検討した。

  会議にて、『吉林省「一回だけ手続き済む」事項リスト(省級)』(第2弾)、『吉林省経済発達鎮行政管理体制改革実施計画』、『省政府が賦与された経済発達鎮の部分県級行政管理権限指導ディレクトリ(第1弾)』、『企業家に健康な成長環境の構築、優秀な企業家精神の発揚、企業家役割発揮に関する実施計画』、『体制仕組みの革新により農業エコ発展推進の実施計画』、『吉林省青空保衛戦三年行動計画の実施方案』、『吉林省飲用水水源地保護3年攻略戦作戦計画』、『吉林省地域性株権市場運営機関建設実施方案』を審議した上、可決したとともに、手順に基づいて報告又は印刷配布すると決定した。

  会議にて、下記のことを指摘した。「一回だけ手続き済む」という改革を全面的推進することは、「権限委譲管理強化サービス最適化」の改革深化、企業の経営環境の最適化、発展の優位性の確立ための重要な施策である。経済が発達されている地域の先進的経験を参考にし、権限の委譲を強化し、審査の手順を簡略化し、企業に便宜を図ることは必須だ。

  経済が発達されている鎮の行政管理体制の改革を深化することは、都市化の適応にメリットがあり、発展の内生動力の増強にもつながる。科学的計画を策定し、統一的実施し、行政の簡素化と権限委譲を強化し、人を基本にして経済社会の管理権限を拡大する。末端の政府機能を完備し、区域の産業計画に織り込み、新型の行政管理体制を構築することは不可欠だ。

  また、優秀な企業家の精神を発揚することは、企業の信用理念の確立にとって極めて重大な意義がある。企業家に自覚的に社会責任感の向上、モラル重視を提唱し、企業が健康的成長し、優秀な企業家が続出できる良好な環境を構築しなければならない。。

  更に、農業のエコ的発展を進めることは、新発展の理念を実行し、近代的農業を建設する具体的措置であるため、農業の発展規律を重視し、効果的に黒土地など資源を保護し、利用効率を高め、エコ面での生産能力を強め、エコの生産スタイルと生活スタイルを確立することは大切だ。

  青空保衛戦に勝ち取り、飲用水の水源地を保護することは、汚染予防改善攻略戦の重要な責務である。具体的に、大気汚染の改善を強化し、産業構造、エネルギーの構造、輸送構造、用地構造を最適化し、大気環境の品質を明らかに改善する。「水源毎に施策」を原則にし、特定改善を実施し、総合的措置を強化し、飲用水の水源地と水質の安全を保証することは必要だ。

  地域性ある株式権市場の運営機関を設置することは、企業の融資コストダウン、直接の融資ルートの拡大につながる。よって、機能の集中化と資源の統合を原則にし、市場化の運営方式を採用し、法律に基いて管理を強化し、金融リスクの防止に力を入れるべきだと指摘された。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド