ホーム>新聞 T   T   T
長春は上期に経済の安定的成長、構造転換の加速 動力の増強、良好品質を実現
2018/08/08     出所:

  長春は今年上期に、投資額1億元以上のプロジェクト731件を着工し、GDPの成長率は7.4%、固定資産の投資が8%増、一定規模以上の工業付加価値は9.6%増、社会消費財の小売総額は6.7%増、輸出入の貿易総量は6.9%増、地方財政収入は7.1%増、税収収入が地方財政に占める割合は78.6%になった。長春は吉林省の先頭に立って、経済の安定的成長、改革促進、構造調整、民生改善、リスク防止など面に取り組んてきた。その結果、全市の経済は安定的成長し、構造転換が加速され、発展の動力が更なる増強され、良好な品質を実現し、高品質の発展に向かって着実に進んでいる。

  現在、長春新区の長春光電と知能装備産業園には、24件のプロジェクトの内、10件が生産開始した。今年年末に10件が生産開始がする予定。園区は国家戦略の実施に注力し、現時点でハイテク企業17社、省レベルの技術研究センター4社、「サンパン」上場企業3社を導入されたのみならず、自主的知的所有権、特許など200件以上を取得し、業界のトップレベルの技術成果18項が集結した。これは長春工業が「製造」から「スマート製造」へ転換され、在来産業と新興産業の構造転換を推進し、飛躍的発展を遂げられた事例だ。

  上期、経済の基礎を固めならが、長春は積極的に経済構造の調整、工業の構造転換、デジタル経済の急成長に取り組んでいる。京東アジア一号、金鷹都市総合体、長春華潤センターなど大規模、新業態、強いけん引性あるサービス業のプロジェクトは着工された。特色ある農業、健康養殖業、農村電子商取引など農業の新産業が絶え間なく拡大した。1~5月、一定規模以上の工業の利益は同期比10.3%増となった。この半年間で、長春の戦略的新興産業と地方工業の生産額はそれぞれ19%増と12%増となった。一定規模以上の重点サービス業の主営業収入は吉林省の総量に占める割合は70%以上、観光業の収入は同期比18.2増の940億元以上になった。工業電力の使用量とサービス業の電力使用量はそれぞれ12.4%増と14.1%増となった。

  重点分野の改革を計画的に進めた。長春は東北4市にて率先に改革に対する監督査察・評価を行い、教育系統にて「つぼみ計画」の改革を展開し、経験を積み重ねた。これは中央政府から高い評価を受けている。「1+3+X」という農村末端の改善、学前教育、産業面の貧困扶助の革新、集団土地の活用など末端の改革を実施し好評を博した。

  自発的に「一帯一路」の建設と連動し、絶えず対外開放を拡大し、地域性の開放効果が次第に表れた。上期、中欧列車(長満欧)ニュルンベルクの中枢は正式に使用し始めた。国際陸港、国際空港の建設が新たな進展を得られ、津長「双創」基地など協力園区は実質的進展を実現した。全国初のサービスアウトソーシング地方研究拠点は長春に根を下ろした。長春は国務院により越境電子商取引の総合試験区に承認された。

  持続的に革新と発展の動力を釈放し、経済発展の活力が絶えず強められた。国家自主革新モデル区の申し込みは順調に進め、長春新区を核心とする長吉図開発開放先導区は国家級技術成果転化モデル区として承認された。長春経開院士科創園は、突破を得られ、「双千社」企業の育成プロジェクトは明らかな成果を得られた。全市の技術契約の取引高は同期比30%以上増加し、全市の特許出願数は同期比56%増加した。国家ハイテク企業の申請数量は329社、吉林省総量の80%以上を占めた。革新的都市の建設は新たなステップを踏み出した。

  それ以外に、長春は着実に信用ある長春の建設を進め、政務サービスに関する「ネット一本化、場所統一、一回で終了」の改革は全市で展開された。「ダブル抜き取り検査・一つ公開」という管理方式は全面的運用された。「証明書・営業免許の分離化」など改革は順調に実施している。上期、長春はソフト面の環境を最適化にし、全市の各類市場の主体総量は同期比15%以上増の73万社になった。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド