ホーム>新聞 T   T   T
2018航空産業発展フォーラムが開催
2018/09/03     出所:

  8月31日、「軍民融合新篇開拓、両翼齊飛発展促進」をテーマにする2018航空産業発展フォーラムは長春市南湖ホテルで開催された。吉林省委員会常務委員・常務副省長の呉靖平氏、空軍航空大学校長の唐維忠氏は出席し演説を行った。朱天舒副省長が司会者を務めた。

  会議では、吉林省が通用航空産業を発展する人材、産業基礎、組織の保障を備え、後期に顕著が優位性がある。今後の吉林省は新時代の新要求に適応し、高品質の発展を目指し、通用航空産業の発展を高品質発展の最重要にし、通用航空産業の発展への支持を戦略的新興産業の発展の重要な施策にし、政策面の好機を捉え、通用航空産業発展の軍民融合点を見極め、発展の新空間を開拓し、発展の新動力を育成し、軍民融合の発展構造を形成し、軍民の融合的発展の新道を踏み出すことに取り組むと指摘した。

  吉林省委員会常務委員・常務副省長の呉靖平氏は中国工学院の楊鳳田院士に「吉林省振興発展ハイエンドシンクタンク専門家」の招聘状を授与した。北京航空航天大学通用航空産業研究センターの高遠洋主任、北方通用航空産業協会(準備委員会)創始者の于又燕会長に「吉林省航空産業企業誘致顧問」の招聘状を授与した。中国工学院の楊鳳田院士、空軍航空大学航空作戦勤務学院院長、空軍特級パイロットの黄健氏、南昌航空大学航行学院院長・特級パイロットの胡延氏はそれぞれ主旨講演を行った。ゲスト6名はハイエンド対話を行った。省外国商人協会、企業代表庁・局、市(州)政府、開発区、商協会、金融機関、企業代表などは商談を行った。

  当日午後、「吉林省飛び・通航天下」をテーマにするシンポジウムを開催した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド