ホーム>新聞 T   T   T
巴音朝魯氏が第14回中国長春映画祭出席の老芸術家代表と会談
2018/09/03     出所:

   

    9月2日、吉林省委員会巴音朝魯書記は長春で第14回中国長春映画祭に出席した老芸術家代表と会談を行った。(撮影:宋鍇)

  吉林省委員会の巴音朝魯書記は9月2日、長春で第14回中国長春映画祭に出席し、かつて吉林省で働いた老芸術家の田華氏、常彦氏、李前寛氏などを会見した。

  巴音朝魯氏は老芸術家らに歓迎の意と敬意を表したとともに、「長年に亘って、各老芸術家は文芸作品の創作、出演、研究、伝承に力を入れ、各自の分野で努力し、人民に良いサービスを提供し、重要な貢献をした。長春は中国映画の揺りかごと称される。今回の映画祭では「中国映画新生代の結集、中国映画新力の育成」を目的にし、「新時代・新揺りかご・新力」をテーマにし、長春映画文化の資源を生かし、中国映画の長春言葉、吉林省の下色、中国のストーリで映画文化の魅力を展示した。文芸は時代前進のシンボルである。ここ数年、習近平総書記が文芸座談会での重要な指示を指導にし、吉林省の芸術活動家と団結し、吉林省の魅力を描写し、吉林省の優位性を謳歌し、優秀な文芸作品が続出した。各芸術家らは引き続き発光・発熱し、伝授・習得の役割を果たし、人民が必要また好きな文芸作品を創作し、国家文芸事業の繁栄と発展のために吉林省の力を貢献して行く」と述べた。

  田華氏は老芸術家らを代表し吉林省委員会と省政府が映画事業への関心・支持に感謝した同時に、「わずかな火は後には強大な力になるという諺のように、映画従事者は新時代、新揺りかご、新力を新起点にし、優秀な長春映画文化を伝承し、吉林省の文化事業と振興・発展のために大きな力を貢献して行く」と意思を表明した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド