ホーム>新聞 T   T   T
第14回中国長春映画祭「夢想大典」が開催
2018/09/05     出所:

9月4日、「共同で映画強国の夢を叶い、新時代に敬意を表明」をテーマにする第14回中国長春映画祭の夢想大典では、東北師範大学体育館にて開催された。写真は活動現場。(撮影 銭文波)

第14回中国長春映画祭組織委員会が主催し、長春市委員会宣伝部、長春市文広新局が運営する「共同で映画強国の夢を叶い、新時代に敬意を表明」をテーマにする第14回中国長春映画祭夢想大典は9月4日、東北師範大学体育館にて盛大に開催された。千名ほどの市民らや全国各地の青年が参加し、青春の激情を体験する同時に、庶民が共同で満喫する祝日にもなった。

「夢想大典」では、映画祭の「新時代、新揺りかご、新力」をテーマにし、長春が新時代の映画としての揺りかごの特徴を体現した一方、長春都市の特色と文化にもアピールし、映画祭が全国的参画し、特に青年を主体とする活動の大成果にも展示し、夢想大典、開幕式、閉幕式と今回映画祭の三大盛典と言われた。

「夢想大典」の核心部分として、現場には映画祭の開催期間に行われた中国青年(大学生)マイクロ映画展示、映画ポスターデザインコンテスト、「私の映画・私の夢」のテーマ付原稿募集など活動の受賞代表に授賞した。映画のストーリと場面に感動され、映画強国夢のために努力中の若者に中国映画の未来にも見えた。

その後、映画の夢を持つ受賞者と現場の若者、高品質のサービス提供のボランティアは共同で青春映画の提唱を次の通りに発表した。「もしある日、我々が専門的映画業界の人になった場合は、初心を忘れずに、全力で夢を叶い、時代風気の先覚者、先駆者、提唱者になるのみならず、信仰を持つ情熱と責任感ある映画業界の人として、人民のために映画を創作し、情感を表現し、事跡を宣伝するなど」を宣言した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド