ホーム>新聞 T   T   T
長春興隆総合保税区輸出入商品展示交易センターが試営業
2018/09/30     出所:

  

   ショッピング中の梁氏は、「ここの赤ワインと化粧品に興味ある、今まで代理購入店から購入しているが、安価で実物が見えない。カウンターで購入すると価格が高い欠点がある。現在輸出入商品展示交易センターが開業し、今後安くて購入でき、実物にも見える」と語った。

  9月28日、長春興隆総合保税区輸出入商品交易取引センターは試営業を開始した。吉林省初の最大規模の輸出入商品展示取引センターとし、日本、韓国、ロシア、東南アジア、ヨーロッパ、南米、北米、オーストラリアなど20ヵ国家・地域からの輸入商品1万種類ほどがあり、興隆総合保税区輸出入商品交易取引センターの開業に伴う長春市の商業業態の豊富化につながるとみられる。

  輸出入商品の展示・取引のプラットフォームとする機能がある。

  長吉図開発開放先導区の核心位置に立地する長春興隆総合保税区では、現在吉林省の対外開放の橋頭堡として役割を果たしている。主に保税加工、保税物流、貨物貿易、サービス貿易、港の通関などなど業務を展開している。その他、越境貿易の電子商取引、郵政国際の集中的受け取り、国際速達便の通関管理を展開し、欧国際鉄道貨物輸送を開通し、輸出入の貨物が長春~ヨーロッパ国家の接続を実現し、完成車の輸入検査ゲートにもまもなく完成する。

  現在、興隆総合保税区輸出入商品交易取引センターは吉林省における最大規模の輸出入貿易センター、保税商品直接販売センターとして、総合保税区に承認済みの国家1類の鉄道口岸、輸入肉口岸、水産物口岸、越境電子商取引総合試験区、多方式の連合輸送センター、速達便センターなど検査ゲートの機能及び関連のサービス施設の機能を備えた。更に、国内の自由貿易区と興隆保税区の政策優位を加え、長春市の輸出入商品集散中心と越境電子商取引総合サービス・プラットフォームとなった。

  長春興隆総合保税区管理委員会の呂東副主任は、「展示センターの創立・運用に伴い、前店・後倉庫、オンライン・オフラインの相互展開、一般貿易と越境電子商取引の並行という経営パターンを確立し、新たな取引プラットフォームを構築され、長春市民に世界商品購入できるモードを提供し、長春で世界の物を安くて買えるサービスを享受できる」と紹介した。

  展示センターには「世界の物を購入」というモードを採用し、世界から優良品質の商品を調達し長春で販売している同時、吉林省と東北地域の優良品質の商品を長満欧国際貨物輸送及び他の通路を通じて、「一帯一路」の関連国家と世界他の国家に輸出し、世界での販売を実現した。このプロジェクトの業務は東北地域に亘って展開し、吉林省と東北地域の輸出入貿易の促進、「一帯一路」の国際協力の拡大、および東北地域の住民消費の豊富化と生活のレベルアップにとって重要な役割があるとみられる。

  長春市春暉洋酒責任有限公司の張聡迪運営総責任者は、「厳しい競争環境の下、企業が大きな発展の将来性がある。興隆総合保税区輸出入商品展示交易センターの開業に嬉しくて感動された。取引センターの開業に伴い、弊社にも大きな発展の舞台にも獲得できる。既存の総合保税区ビルには弊社の小型展示場があったが、現在輸出入商品展示交易センターに移設した。ここには政府の扶助政策を含めて不動産管理や企業へのサービスなど以前より大きく改善された」と主張した。

  張聡迪氏は、「総合保税区の通関効率の向上により、貿易範囲が一層に拡大された。今まで長春市での販売は現在東北3省、ひいては他省まで拡販した。会社の売上げは当初の1千万元から数千万元まで増えた。同時、興隆総合保税区輸出入商品交易センターは、庶民が企業を理解する窓口の一つとなった」と紹介した。

  長春市春暉洋酒責任有限会社は保税区に定住した初の赤ワイン企業であるだけでなく、保税区を通じて通関する企業の1社目にもなった。経営範囲は高級品から一般品まで、全てのお酒は全部輸入品である。また、経営者、供給先として事業を展開し、今後貿易額が継続に向上する見込みだ。

  現在、長春興隆総合保税区輸出入商品交易センターの試営業により、国内外の企業、消費者に輸出入商品の展示、取引、卸売り、小売り、越境電子商取引、倉庫保管、配送、貿易融資などワンストップ、高効率且つ便利化なサービスを提供できる。一方、現地に大型越境商業体がないとの空白を埋められ、吉林省の輸出入貿易企業を集め、貿易便利化の程度が高いなど特徴ある国際貿易産業集積区になると想定された。

  取引センターには商品の種類が揃った。

  異なる消費者の需要を満足できる。

  長春興隆総合保税区輸出入商品展示交易センターに入ると、4階のレイアウトで広々とした感覚。展示センターの建築面積は5万平方メートル、現在吉林省における最大面積、最多の輸入商品、機能揃いの国際商品取引プラットフォームとなった。

  一層には国際自動車城として、主に多品種の豪華輸入車を販売している。販売、自動車外観装飾、改造、自動車金融、自動車レンタル、自動車保険、興隆交通管理所、税務受理など総合的サービスを一体化にした。ブランドロールスロイス、ベントレー、ベンツ、ランドローバー、トヨタのプランブル、トヨタのランドクルーザーなど多車種を販売し、ユーザーに運送、装飾、外観検査、保険、金融、登録などワンストップサービスを提供できる。2階と3階には赤ワイン、飲料、食品生鮮、化粧品、子供用品、日用品、住宅装飾建材などを販売している。その内、MG輸入品供給チェーンは、日本、韓国など多国家からの化粧品、保健品、食品、住宅日用品などブランドを販売している。4階には吉林省の特色ある製品の展示館を設けた。

  それ以外に、2階にある春暉酒業はフランスのラフィット、Chateauなどシリーズの酒だけでなく、ALMAVIVA、作品1号など各国の酒王、イタリアアスター、フランスBMの製品にも取り扱っている。3階には興隆世界輸入スーパーマーケットを設け、輸入ビール、食品、日用品、子供用品など商品を販売ている。

  トーマスタイ製品館の張晶マネージャーは、「主に興隆総合保税区および越境電子商取引試験区の各優遇政策を活用している。政府は上海外高橋、天津保税港などから優秀な人材チームを導入し、企業に大きな自信を与えられた」と語った。

  マースタイ製品館には、主に木材家具、木棉住宅製品、フィットネス、日用品など3000種類余りを取り扱っている。オーストラリアのデザイナーが設計し、タイの胡桃木を材料にしたアカシア木、金糸キワタノキなど優良品質の原料は、タイ現地で製造し、世界多国家には同時発売した。現在、オーストラリアシドニーで、タイバンコク、中国長春の3国家の3都市にて事務所を設立し、販売チーム、ブランドおよびから独自財産権の倉庫システムを擁し、多国籍型の企業である。

  張晶氏は、「保税会社、保税区政府、および取引センター、展示館にある企業と共同で責任を果たし、東北貿易の開放と東北貿易のグローバル化・発展に共通責任を背負い、一日も早く東北経済振興の願望を実現し、ユーザーに良いサービスと高品質の商品を提供することを務めにした」と表明した。

  長春興隆総合保税区輸出商品展示センターの関連責任者は、「長春市民が長春にて安価且つ優良品質の輸入商品を購入できる。庶民に便宜を図った。興隆総合保税区輸出入商品展示交易センターは保税区の政策を活用し、輸入商品がここで直接保税・輸入ができ、中間工程を省き、価格面の優位がある。展示センターの成熟に伴い、商品の種類が継続に増加し、異なる消費者の需要を満足できる」と表明した。

  店舗で体験しオンライン購入ができる。

  輸出入商品の取引新モードを確立した。

  長満欧国際貿易有限会社の包建偉董事長は、「今後、オンライン予約制を採用し、速達方式を通じて出荷する予定がある。当社は主に環境に優しい室内外用のエマルジョンペイントとホルムアルデヒド元液体で日本の建築材料を製造する会社。保税区に定住してから長くなり、現在税関管轄エリアに5号と6号の二つの建物を持っている」と紹介した。

  人々の消費能力と消費観念の変更に伴い、長満欧国際貿易会社が採用する予約制の販売モードは更なる発展できると見込み。この発展形式に適応するため、展示センターには「前店後倉庫」というオフライン体験の直接販売モードを確立した以外、オンライン電子商取引プラットフォームe興隆を打ち出し、オンライン注文、商品配達などサービスを実現できる。消費者は越境電子商取引の機能を通じ、二次コードをスキャンして海外商品の直接輸送を実現できる。

  この「オフライン体験センター+オンライン購入プラットフォーム」というO2O運営モードでは、消費者に世界の1万種類余りの輸入商品を提供できる。現地の輸出入商品の取引方式の空白を埋められた。消費者と越境電子商取引の利用者にとって、展示センターは最安心、最便利な輸入商品購入体験を提供できる。展示センターの試営業は、長春市民には世界の物を購入でき、世界の優良品質の商品には長春で手に入れ、長春で世界の物を購入でき、優良品質且つ安価の輸入商品を享受できる。

  展示・取引センターの開業に伴い、更なる全市の商業業態を豊かにし、総合保税区のオンライン総合サービス能力が向上でき、保税区が「デジタル吉林省」「デジタル長春」の建設と連動することができる。今後、興隆総合保税区は輸出商品展示交易センターの建設をめぐって、製品追跡、越境電子商取引の店舗商品交付など業務を展開し、更なる企業経営の環境を最適化にし、より多く外国貿易企業の集積的発展を促進し、吉林省で機能揃い、最適なサービス、最便利化の国際貿易産業集積区になることを目指す(孫紅麗 孫銘蔚 薛玉霞)

  【コメント】

  複数の線路を利用し興隆総合保税区輸出商品展示交易センターまで到着できる(駐車場無料)

  マーケット住所:長春市興隆総合保税区空港大路7299号(濰坊街近隣)

  車移動場合のおすすめ路線:機場路の道路施工は11月まで竣工する為、長吉北線-濰坊街-機場大路7299号。

  公共バス:247路を利用し展示センターの入り口に直接到達

  マーケットサービスホットライン:0431-81871888

  保税車城販売ホットライン:0431-88888058

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド