ホーム>新聞 T   T   T
企業経営環境の最適化、市場主体活力の激発に取り組み景俊海氏が長春市政務センターへ突撃検査時に強調、
2018/09/30     出所:

  9月29日、吉林省委員会副書記・省長景俊海氏は事前に連絡せずに、長春市政務センターへ突撃検査を行い、行政審査、政務サービスなどを調査した。「習近平総書記が東北振興座談会での重要指示を実行し、「権限委譲・管理強化・サービス最適化」の改革と「一回だけ手続き済み」の改革を深化し、企業の経営環境を最適化し、市場の主体活力を激発させ、経済成長の新動力を育成し、新時代に吉林省の振興・発展の新優位を確立する」と強調した。

  景俊海氏は大広間の窓口へ実態調査した。各窓口には秩序且つ整然に仕事を受理していることを高く評価した。基本建設の審査窓口にて、彼は詳しく「一回だけ手続き済み」改革の状況を確認した。企業営業許可証N証明の受理窓口にて、景俊海氏が依頼人の意見を尋ね、窓口の高効率と受理手続きの簡素化を見て、とても嬉しかった。その後、市場進出許可eシステムの運行状況を確認し、証明書の申請流れを尋ね、政務センターは企業の経営環境を最適化する窓口として、浙江など地域の先進的な経験を吸収し、市場参入条件を緩和し、政務サービスを革新し、仕事の効率を高める」と指摘した。

  景俊海氏は審査事務所に入り、民政、食品薬品監督管理など部門の申請事項の処理状況を確認した。行政審査専用印の集中的管理壁の前に、審査流れの規範化など紹介を聞き、政務サービス・プラットフォーム審査システムデモンストレーションを見学した以外、「管理を強化し、弱みを補填し、ミスを改善しリスクを防ぎ、審査流れの標準化を進め、権力乱用を撲滅し、審査の公平性、公正性、安全化、信頼化、高品質化、高効率化を実現し、利便性を図る。

  景俊海氏は、「習近平総書記は企業経営環境の最適化を新時代に東北振興の最重要な項目にしたため、我々は高く重視し、実行力を高めて成果を出すことは必要だ。習近平総書記の「3つの工夫」「5つの有利」の要求を企業経営環境改善の有力的施策にし、「権限委譲・管理強化・サービス最適化」と「一回だけ手続き済み」の改革を推進する。「デジタル政府」建設を目指し、管理手順、監督体系、考課体制を完備し、権限を末端に委譲する。「親」「清」という新型の政商関係を構築し、親しい感情、清廉な関係、最適なサービス、高効果を実現する。長春は経験を纏め、やり方を改善し、行政の簡素化と権力委譲、サービス革新のモデルとして、企業経営環境の最適化の面で吉林省の上位に入ることを期待する」と強調した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド