ホーム>新聞 T   T   T
個人事業の法人化を支持する記者会見が開催
2018/11/05     出所:

  吉林省政府報道弁公室は2018年11月1日(木曜日)10時に政務大広間にて記者会見を開催した。会議のテーマとして『吉林省人民政府が個人事業の法人化を支持する意見』(吉政発〔2018〕22号)の関連政策を解読した。

  党中央政府と吉林省党委員会、省政府が掲げた高品質の発展要求に基づき、「権限委譲・管理強化・サービス最適化」の改革を深め、企業の経営環境を最適化し、個人事業主の健康な成長と発展を促進することを目的とし、省市場監督管理庁は吉林省の経済発展に注力し、市場主体の期待に応じて、中省直属など関連部門から多大なる支持の下、省政府の代わりに『個人事業主の法人化を支持する意見』(以下は『意見』と略称する)を起案し、省政府常務会議と吉林省党委員会常務委員会議で審議し可決し、正式に施行し始めた。

  一、起案の背景

  今年は中国改革開放の40周年を迎えた。個人経済は40年の市場変化を経て、社会主義市場経済の重要な構成部分となった。今年9月末の時点で、吉林省の各類市場主体は合計219.04万社、内の個人事業主は167.53万軒、76.48%の比率を占めている。但し、個人事業主は一定の規模まで発展すると、法人地位の欠乏、投資規模の制限など先天的な要素の制約を受け、契約履行の信用度が低く、融資・貸付け難など発展のボトルネックを抱えていることは多い。一定の条件を備えた個人事業を法人に移行し(以下は「個人事業の法人化」)、規範化の企業特に会社の方向に発展させることは、個人事業自身が発展する需要であり、この3年間で毎年に個人事業870軒が法人に移行した。浙江、広東、遼寧など省の政府は早めに「個人事業の法人化」を推進し、明らかな効果を得られた。吉林省は社会主義の基本的経済制度を完備しながら、企業誘致と民営経済の発展に取り組み、情勢に応じて「個人事業の法人化」を推進する。これは当面に功があるだけでなく、長期的利益にもあり、重大な政治意義、経済意義、法治意義、社会意義があるとみられる。

  吉林省党委員会と省政府は「個人事業の法人化」を高く重視し、吉林省党委員会巴音朝魯書記、景俊海省長は何度も市場主体の小規模化、低実力、特に個人事業の高比率など構造的問題を指摘し、旧省工商局に政策と措施を検討することを指示した。上記の要求に基づき、この4ヶ月間で省政府の代わりに『個人事業主の法人化を支持する意見』を起案し、省直属関連部門の意見を求め、交流を重ねた。その結果、規定の論証と審査が完了し、省政府常務会議と吉林省党委員会常務委員会議で審議し可決し、本日に実施開始することになった。

  二、主要な内容 

  『意見』は10方面の37項目を設けた。1、全体要求として、「3~5年をかけて、条件を備えた個人事業主を企業、特に会社制企業に移行し、零細企業の数量増加、品質向上、実力の増強」の目標を達成する。2、基本原則として、政府誘導、主体意思、分類指導、科学的推進、総合的施策、品質重視、公平・公正、規範・秩序を4項原則にした。3、支持の対象を明確にした。「個人事業の法人化」を支持する4種類の条件を決め、県(市、区)を単位にして、「個人事業の法人化」の重点業界と具体的基準、重点対象、年度任務を確定する。4、税金と費用面での優遇政策として、企業所得税の優遇政策、教育付加費、地方教育付加と身体障害者の就業保障金の免除、労働組合経費の還付、不動産税の減免、都市土地使用税の減免、固定資産減価償却の控除、個人所得税優遇政策を定めた。5、財政の支持を強化するため、5方面で省級特別資金の支持、科学技術小巨人企業の申請、市県財政資金の支持、帳簿代理依頼サービスなど8項の政策を打ち出した。6、金融面の支持として、金融機関の融資を支持し、銀行業の金融機関と政府出資の担保と再担保の機構機関からの融資を支持し、創業担保の貸付けを支持する。商業銀行ネットワークの末端が同時にアカウントの抹消、開設など4項目の業務政策を受理する。7、参入の簡単化を図るため、個人事業主の登録・抹消、企業設立の登録の手続きを簡素化にし、「個人事業の法人化」の承認手続き、名義書き換えの手続きは変更の方法で受理し、行政許可サービスの3項政策を最適化にする。8、不動産の登録、社会保障などを支持する。不動産の登録サービスを最適化にし、年金保險費用の納付は「3年移行期」を設け、企業へ移行前の栄誉称号と特許権、商標権など権益を保留し、省科学技術発展計画プロジェクトを申告し、「企業負担軽減総合サービスプラットフォーム」の5項政策に加入した。9、実施を強化するため、「吉林省個人事業主法人化指導チーム」を設立し、副省長がチームリーダーを担当し、関連の副事務総長がチームサブリーダーを担当する。省市場管理庁、省工業情報庁など13の省直属部門の主な責任者が成員として、指導チーム事務室が省市場監督管理庁に設置した。個人事業の法人化を各級政府部門の功績管理・考課評価システムに織り込んだ。10、他の事項として、国家が制限する業界を除き、1年および1年以上の個人事業主が法人に移行する場合は、本意見の支持政策を適用できるなど関連事項を明確した。

  三、主要な特徴 

  総じて言えば、『意見』は吉林省民営経済の構造転換・グレードアップにとって一里塚の意義と重要な実践価値がある。主に以下の3方面に体現した。1、吉林省の実態によると、吉林省の特徴ある個人事業の法人化を支持する総合的政策・措施を確立した。2、横方向で比較すると、浙江など先行省の関連政策・措施を参考にした。3、革新の立場から見ると、現行の法令政策と現有の財力条件の下で重要な突破を実現した。例えば、関連要件を満たした個人事業から移行した企業は400万元未満の起業担保貸付を申請でき、現時点で各省の最高額となる。省級3類特別項目資金を生かし、「個人事業の法人化」を支持する。不動産登録の「個人事業の法人化」零細企業に対して、1冊目の不動産権所属証明書の製造手数料を免除する。個人事業主の法人化を実現した企業は、年金保険費用の基準は現地前年度の労働者平均賃金の60%~300%範囲で基数を自主選択できる。以上は現在、各省の「個人事業の法人化」支持政策より先行に定めた内容だ。

  四、今後の進め方 

  『意見』が打ち出した後、力を入れて実行に移すことは最重要だ。『意見』の要求に基づき、今後に吉林省各級政府、各関連部門の知恵と力を集め、下記の3方面で取り組む方針を発表した。

  1、吉林省個人事業主の法人化指導チームの成員は各自の職能を生かし、「個人事業の法人化」を支持する一連措置と手順紹介を制作し、移行前・移行途中・移行後のサービスを強化する。「個人事業の法人化」の関連法令・法律、経営管理など教育を強化し、法律に基づく生産経営・管理の能力を高める。多種の形式で幅広く宣伝し、政策を十分に解読し、良好な社会雰囲気を構築する。

  2、各市(州)、県(市、区)の人民政府は実態に応じて実施計画を策定し、現地の産業構造の特徴と発展の位置づけによって、県(市、区)を単位として構造転換・グレードアップの重点業界を確定する。4種類の支持対象と照合し、域内の個人事業主の総量、規模、産業分布など実態に応じ、「個人事業の法人化」に関する具体的基準、重点対象と年度目標任務を確定し、考課を強化し、全力で管轄区域内の「個人事業の法人化」を実行する。

  3、省指導チーム事務室は活動に対する調整と特別監査を強化し、各地の進捗を直ちに通達し、関連情況をタイムリーに吉林省党委員会と省政府に報告する。「個人事業の法人化」を各級政府部門の功績考課体系に織り込み、考課指標を明確し、活動の実効性を高めるなどを定めた。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド