ホーム>新聞 T   T   T
吉林省政府テレビ会議が開催、冬春安全整備大会戦がキックオフ
2018/11/07     出所:

  11月6日、吉林省冬春安全整備大会戦および当面安全生産テレビ会議は長春で開催した。吉林省委員会常務委員・常務副省長の呉靖平氏は出席し要求を出した。

  会議にて、下記のことを要求された。情勢を見極めて責任を強化し、冬春の安全整備大会戦に対する意識と認識を高める。冬春安全整備大会戦は、年末と年始に安全事故多発期に、年間任務達成の重要な時期、良いスタート実現の時期に、安全生産の責任、任務、圧力が大きいという背景の下で決めた。この情勢の下、安全生産大会戦の展開により、各地・各部門が厳しく、細かく安全生産活動を実施し、安全問題を撲滅する一方、長期的効果ある体制を確立し、再発しやすい問題点について注意喚起し、長期的に指示し、安全施策を徹底的実行することは不可欠だ。

  問題点を捉えて徹底的改善し、冬春安全整備大会戦のリスクアセスメントを実施し、危険箇所を洗い出す。目標を明確にして効果を求め、重点領域を絞って特別改善を強化し、冬春安全整備大会戦の効果を高める。責任と意識を強化し、職責を果たし、安全生産の政治責任と推進責任を担う。それ以外、応急管理機構の改革は多部門、多職責、多人員と関わるため、高要求と重任務に対して「2結合・2促進」を原則にし、機構の改革と安全生産を計画通りに推進する。

  会議にて、吉林省応急管理庁の主担当者は『吉林省冬春安全整備大活動の推進案』を説明した。長春市政府、省公安庁、省商務庁、長春軌道客車会社の責任者が発言した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド