ホーム>新聞 T   T   T
査乾湖を「金字看板)として保護、吉林省委員会財政経済委員会第1回会議で強調、
2018/11/30     出所:

  11月29日、吉林省委員会財政経済委員会は第1回会議を開催し、習近平総書記が査乾湖視察時の重要指示を実行し、『中国共産党吉林省委員会財政経済委員会規則』『中国共産党吉林省委員会財政経済委員会事務室細則』『査乾湖管理保護計画(2018-2030年)』を審議し、査乾湖の改善・保護を検討した。吉林省委員会書記・吉林省委員会財政経済委員会主任の巴音朝魯氏は会議を主催し要求を出し、省長・吉林省委員会財政経済委員会副主任の景俊海氏にも出席した。

  巴音朝魯氏は、「習近平総書記が査乾湖視察時の重要指示では、エコ発展を目指し、査乾湖を改善・保護し、幸福且つすばらしい吉林省を建設するために方向を明示され、根本的依拠にも提供した。習近平総書記の重要指示に基づき、思想と行動を総書記の要求まで統一し、生産の発展、生活の豊か、生態良好な文明的発展の道を歩く一方、習近平総書記が掲げた「生態環境保護を最優先にし、エコ発展を目指せ」という要求に従い、最大限に緑水青山の巨大な生態利益、経済利益、社会利益を発揮する。総書記が掲げた「査乾湖を金字看板として保護」という要求に従い、「金字看板」保護の政治責任を背負って、査乾湖の知名度を高める。総書記が掲げた「査乾湖生態保護と生態旅行発展を並行推進し、この道を着実に歩く」という要求に従い、査乾湖を吉林省の生態優先、グリーン発展の先行区、模範区になることに取り組む」と要求した。

  巴音朝魯氏は、「査乾湖の整備は、習近平総書記からの関心に関わるため、エコ発展を理念にし、生態保護のレットラインを厳守し、汚染改善に取り組み、環境改善の難関を勝ち取り、査乾湖の水質と景色の改善を図る。政治の立場に立って政治の自覚を増強し、中央環境保護査察の指摘事項を徹底的改善する。汚染の改善を強化し、灌漑区の退水湿地プロジェうと、汚水処理場と汚水パイプライン工事を加速し、農業面での汚染を総合的改善する。整体系統の保護・修復を展開し、河湖の貫通を継続拡大し、査乾湖の生態水補給を実施し、水域岸線の生態保護・修復を強化する。生態に対する法律執行・管理を厳格化にし、公安、生態環境、水利、住宅建設部門は連携を強化し、環境汚染者に重い代価を払わせる。総力を挙げて水管理、水改善を実施し、日常の巡査責任を履行し、人員の職責を果たす。「生態+旅行」「生態+漁業」「生態+文化」を発展させ、査乾湖の生態環境保護と旅行の発展を両立させ、並行的発展の道を踏み出す。任務と分業を明確にし、管理の責任を強化し、組織の管理を強化し、査乾湖の改善計画を具体化にする」と要求した。

  それ以外、吉林省委員会財政経済委員会副主任、関連省級の指導者、省直属関連部門、松原市、白城市の主な責任者にも参加した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド