ホーム>新聞 T   T   T
景俊海氏が一汽社へ実態調査、一汽改革発展推進会議が開催
2018/12/03     出所:

  1130日、吉林省委員会副書記・省長の景俊海氏は中国一汽グループへ実態調査を実施したとともに、一汽改革発展推進会議を主宰・招集した。景俊海氏は「習近平総書記が東北視察時の重要な指示と東北振興座談会での要求に従い、吉林省委員会と省政府の方策に基づき、全面的且つ全方位に一汽社の革新・改革を支持し、紅旗ブランドの世界進出・拡販を推進し、自動車産業の構造転換と発展を加速することに取り組む」と強調した。

  景俊海氏は電子電気実験室へインテリジェントネットワークと新エネルギー自動車の新車モデル、新技術の開発進捗などを尋ねたとともに、「自動車電子・電気の開発は、自動車の産業構造の転換を加速する重要な措置である。開発面の投資を拡大し、コア技術を確立し、自主開発のプラットフォームを構築し、自動車電子・電気産業の生態を完備する。人を基本にする理念に従い、市場ニーズに応じて製品のラインを豊かにし、製品の性能を高めて良い消費体験を与える」と指摘した。

  一汽改革発展推進会議において、中国一汽グループの徐留平董事長は吉林省委員会と省政府が長年に亘った多大なる支持に感謝し、改革・革新を深め、積極的に紅旗ブランドの建設を進めると表明した。中国一汽グループの奚国華社長は一汽社の発展概況を紹介し、省工信庁の責任者は関連活動を報告し、参加者が議論を行った。

  景俊海氏は、「直近、一汽社は新品が連続発売し、革新が継続に実施され、発展の動力が十分となり、改革と発展が新成果を挙げられ、新気象・新担当・新作為を展示した。今後、下記の面で取り組む必要がある。1、更なる発展の自信を固める。政府の方策に従って需要の変化に順応し、戦略面の研究を強化し、高技術の推進、高水準の発展、高品質の成長を実現する。2、一汽社の革新と発展を指示する。全面的革新を強化し、技術開発の動力を激発させ、自動車産業の生態体系を構築し、一汽社と省、市の優位性ほ補完、資源の共有化、共同で難題の解決を促進する。3、自動車産業の分布を最適化にする。「3つの5」という発展戦略及び「中東西」三大エリア戦略に基づき、「1主、6双」という産業構造を結び付き、産業のセット化、区域の交流、、インフラの建設を完備する。関連企業と共同で産業チェーンを延長し、産業規模を拡大し、核心の競争力を高める。4、一汽社に紅旗ブランドの構築を支援する。ブランドの建設を強化し、新技術を応用し、製品の先進性、実用性、安全性、信頼性を確保する。5、一汽社の人材導入・引き止めを支持する。人材の才能発揮ための環境を構築し、事業により人材を引き止めるよう努力する。6、一汽社の強い後ろ盾として支援を行う。各部門と長春市は最高のサービスを提供し、実際的問題の解決に協力し、自動車産業の良好な発展の雰囲気を構築することは必要だ」と指摘した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド