ホーム>新聞 T   T   T
吉林省経済活動会議が長春で開催
2019/12/28     出所:

   

   12月27日、吉林省経済活動会議は長春で開催した。(撮影:宋鍇)

  来年に吉林省の経済活動の全般要求は次の通り。

  習近平氏の新時代に中国の特色ある社会主義の思想の偉大な旗幟を揚げ、第19回党大会、第19期第2回央委員会総会、第3回中央委員会総会、及び中央経済活動会議の要求を実行する。習近平総書記が東北振興に対する重要指示に従い、計画的に「5位一体」方針、「4つの全面」戦略を推進し、経済の安定を維持しながら進歩を求めることを総基調にし、新発展の理念を確立し、高品質の発展を目指す。供給側の構造改革を主線にし、市場化の改革を深化し、ハイレベルの開放を拡大し、「3つの5」発展戦略を実施し、「三大攻略戦」を引き続き勝ち取る。成長の安定化、改革の促進、構造の調整、民生改善、リスク回避など面で取り組み、更なる雇用創出、金融、対外貿易、外資、投資、予期の安定化を図り、経済の持続的且つ健全的発展及び社会大局の安定化を維持し、小康社会(ややゆとりある社会)の全面的実現、吉林省の全面且つ全方位的振興の加速に伴う確固たるステップを踏み出し、良い成績で新中国創立70周年を迎えることを要求された。

  12月27日、吉林省経済活動会議は長春で開催された。会議において、第19回党大会第19期第2回央委員会総会、第3回中央委員会総会、及び中央経済活動会議の要求を実行し、2018年経済活動をまとめ、当面の経済情勢を分析し、2019年の経済活動計画を説明した。

  吉林省委員会の巴音朝魯書記は出席し演説を行った。彼は当面の経済情勢を分析し、来年経済活動の全般要求、基本方針、主要な目標を明確にし、来年の重点任務などを説明した。吉林省委員会副書記・省長の景俊海氏は今年の経済活動の達成状況を振り返り、来年の経済活動計画を指示した。省政治協商会議の江澤林主席にも出席した。

  巴音朝魯氏は、下記のことを指摘した。今年、複雑な情勢及び極めて重い任務にも関わらず、習近平氏を核心とする党中央政府から正しい指導の下、習近平氏の新時代に中国の特色ある社会主義の思想を経済社会発展の全局に運用し、新発展の理念を確立し、高品質の発展を原則にし、経済の安定を維持しながら進歩を求めることを総基調にし、「3つ5」の発展戦略及び「三大攻略戦」に取り組み、経済の安定的成長、改革の促進、構造の調整、民生の改善、リスクの回避に努めてきた。その結果、吉林省の経済社会は安定且つ平穏な発展を遂げられた。

  先日に閉幕した中央経済活動会議において、今年の経済活動を高く評価した。我々はその内容を深く理解した上、ポイントを捉えて実態に応じ、徹底的に実行することは不可欠だ。当面の中国では依然に且つ長期的に戦略チャンス期に入る。これは経済発展の情勢を分析・見極める前提と基礎である。来年の経済発展は、より複雑な環境に直面し、不確定の要素とリスク、挑戦にも多いとみられる。。これを正しく認識し、科学的捉えて、中央政府が経済情勢に対する判断まで思想を統一し、困難対応の覚悟を持って、当面の情勢を見極めて、中国の経済発展が長期的に良い傾向ある確固たる基礎、新時代に吉林省の全面且つ全方位的振興のマクロ政策、産業政策、地区政策、チャンス及び有利な要素を見極める。直近数年、習近平総書記の重要指示に従って全力で旧工業基地の振興に伴い、各方面の成果、基礎、優位性を捉える。一方、圧力と挑戦の下、党幹部が複雑な局面を対応する能力が大きく向上し、様々な困難を乗り越え、モチベーションとやる気が大幅に向上した。今後、習近平氏を核心とする党中央政府から強い指導の下、信念を固めて方策に従い、困難に立ち向かって全力で取り組めば、2019年の経済活動を遂行できるに違いない。

  2019年は新中国創立の70周年、小康社会(ややゆとりある社会)の全面的実現、吉林省の全面且つ全方位的振興を図る肝心な年である。来年の経済活動を遂行するため、習近平氏の新時代に中国の特色ある社会主義の思想の偉大な旗幟を高く揚げ、第19回党大会を、第19期第2回央委員会総会、第3回中央委員会総会と中央経済活動会議の要求を実行し、習近平総書記が東北振興に対する重要指示に従い、習近平総書記が東北振興に対する重要指示に従い、計画的に「5位一体」方針、「4つの全面」戦略を推進し、経済の安定を維持しながら進歩を求めることを総基調にし、新発展の理念を確立し、高品質の発展を目指す。供給側の構造改革を主線にし、市場化の改革を深化し、ハイレベルの開放を拡大し、「3つの5」発展戦略を実施し、「三大攻略戦」を引き続き勝ち取る。成長の安定化、改革の促進、構造の調整、民生改善、リスク回避など面で取り組み、更なる雇用創出、金融、対外貿易、外資、投資、予期の安定化を図り、経済の持続的且つ健全的発展及び社会大局の安定化を維持し、小康社会(ややゆとりある社会)の全面的実現、吉林省の全面且つ全方位的振興の加速に伴う確固たるステップを踏み出し、良い成績で新中国創立70周年を迎えることは重要だ。

  来年の経済活動を遂行するため、習近平総書記が東北振興に対する重要指示に従い、吉林省の全面且つ全方位的振興を総目標にし、4方面の弱み及び6方面のポイントを捉え、高品質、高利益ができ、最適な構造を持ち、優位が十分に釈放できる発展の新道を歩く。動揺せずに高品質の発展を目指し、「強固、増強、向上、開通」の要求に基づき、着実に企業の優勝劣敗を進め、より多くの優良品質の企業を発展させ、生産、流通、分配、消費の循環仕組みを完備し、統一的且つ開放的、秩序的な競争できる近代的市場体系を構築する。各方面の積極性を引き出し、思想解放により吉林省の高品質の発展を推進する大討論の思想成果、制度成果、実践成果を固め、高いやる気と情熱、競争の意識、奮闘の激情を持って、連携と協同を強化し、行政と企業が同じ目標に向かって努力する雰囲気を形成することは必要だ。

  経済の安定的成長を維持し、高品質の発展基礎を築くことは必要だ。具体的に、消費が経済成長に対する基礎の役割を重視し、消費の新ホットポイントの育成を加速し、「プロジェクト建設年間」活動をスタートする。持続的に「3強化」「3事前」活動を展開し、インフラ分野の弱みを補填し、財政金融政策を活用し、確固不動に「6安定」を具体化にする。際立った問題点を捉え、三大攻略戦を勝ち取る。重大リスク解消攻略戦を実施し、違法な資金調達、インターネット金融リスクなど特別行動を展開する。脱貧困攻略戦を実施し、「二つ安心・三つ保障」をめぐって、貧困地区に対する貧困扶助を強化し、高品質に脱貧困の任務を達成する。全力で中央環境保護査察と環境保護「振り返り査察」の指摘事項を改善し、青空保衛戦、水源地の保護、農業農村汚染処理など戦役を勝ち取り、汚染防止攻略戦の政治責任を背負う。制造業の高品質の発展を推進し、新旧動力の転換を加速する。「デジタル吉林省」を建設し、制造業の高品質の発展を加速する。在来産業を改造し、新興産業を育成し、制造業の品質ブランドを高める。インターネット、ビッグデータ、人工知能と制造業との融合を推進し、デジタル経済と自動車、石化、食品、冶金、医薬、装備製造6大在来産業の「1+6」の融合的発展を強化し、新産業・新業態・新モードの発展を加速する。デジタル技術が「粘着剤」としての役割を果たし、先進的制造業と近代的サービス業の連動レベルを高める。基礎研究能力向上プロジェクトを実施し、重大な科学技術成果を実行し、科学技術を高品質の発展の新動力にする。企業経営環境の最適化を重点にし市場化の改革を深化し、各類市場の主体活力を激発する。「権限委譲・管理強化・サービス最適化」の改革、「一回だけ手続き済む」の改革を進め、「吉林省祥雲」というビッグデータシステムの建設を加速し、企業の物流コストを削減する。各級幹部が重点プロジェクト、重点企業制度と連絡する制度を実行し、良好な企業経営環境を構築する。国有資産・国有企業の改革を深め、持続的に省国有企業の改革発展3年行動を進め、企業の優勝劣敗を加速する。一層に民間経済を発展させ、「2つの動揺せず」を前提にし、吉林省委員会・省政府が打ち出した『企業経営環境の最適化、民間経済大発展推進の計画』を実行し、公平的競争できる市場環境の構築を加速する。金融が民営経済の発展にサービスする新政策・新施策を研究し、減税・費用削減など各政策と措施を実行し、法律に基いて民間企業家の合法的権益を守る。対外開放の新構造を構築し、「一帯一路」の建設との連動を拡大し、「シルク・ロード吉林省」の大通路を建設する。吉林省・浙江の協力集中度を高め、企業誘致の実効性を高め、制造業の特別企業誘致行動を展開し、北東アジア博覧会を成功に開催し、吉林省の投資競争力と影響力を向上する。農村振興戦略を推進し、「三農」(農業・農民・農村)の良い発展傾向を維持する。近代的農業の「三大体系」を建設し、市場化に応じて品質興農、緑色興農、ブランド強農を実現し、農村の居住環境を改善し、持続的に農村の総合改革を深化する。区域の協調的発展を促進し、区域発展の新活力を激発させる。計画的に「三大エリア」を建設し、「1主6双」の産業構図を進め、長春を主区域にし、吉林、四平、遼源、松原「長春経済圏」を牽引させる。長春と公主嶺の同都市化を加速し、新型の都市化を進め、強力に県域の経済を発展させ、健全的発展の構図を構築する。人民生活を保障・改善し、人民が強く反響する大問題を解決する。人民生活を最優先し、雇用創出の安定化をより重要な位置に置き、民生改善に取り組み、教育、医療、社会保障、養老、安全など公共サービスのレベルと品質を高める。住宅市場体系と保障体制を完備し、平安吉林省の建設を深化し、人民の満足度を高めることに取り組むべきだ。

  党の指導は経済活動遂行の根本的原則である。党の指導を経済活動の各分野、全過程に貫い、吉林省の全面的且つ全方位的振興に強い保証を提供する。各級党委員会は「4つの意識」を確立し、「4つの自信」を固め、「2つの維持」を前提にし、経済活動に対する指導を強化する。担当・作為の作風を確立し、幹部作風大整頓の成果を維持し、幹部が複雑な情勢の下で困難に立ち向かうように激励し、各級幹部の積極性を引き出し、吉林省で「勇敢に担当、担当体現、担当重用」という濃厚な雰囲気を構築する、と巴音朝魯氏が要求した。

  景俊海氏は、「重要な戦略チャンス期を活用し、改革・開放、協同的推進、高品質の発展、発展方式の転換、民生の最優先に取り組み、来年の経済活動を遂行する。発展方式の転換を加速し、伝統的強気を生かし、弱みを補填し、成長の動力を育成する。工業の発展、投資の拡大、消費の促進に取り組み、経済の安定的成長に努める。イノベーション的発展に注力し、在来産業の改造・向上、優位産業のスピード・アップ、新成長点の育成、サービス業の構造転換、新旧動力の転換に力を入れる。「1主6双」の産業構図を強化し、区域の健全的発展を図る。企業の経営環境、財産税・金融、国有資産・国有企業、民間経済など重点領域の改革を最適化し、コストを大幅にダウンし、改革の恩典を与える。開放と協力を拡大し、対外貿易と外資の安定化を維持し、企業の誘致を強化し、積極的に輸出志向型の経済を構築し、開放・協力の新高地を構築する。農村振興戦略を実施し、農村の居住環境を整備し、農村の総合改革を深化し、都市と農村の融合的発展を進める。三大攻略戦を勝ち取り、経済社会の健全的発展を促進する。公共サービスを完備し、人民生活を保障・改善し、人民の獲得感、幸福感と安全性を増強することに努める」と指摘した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド