国外帰還者が集中隔離期間及び感染が確認された後の費用の分担メカニズムについての公告

2020-03-24    JL.gov

新型コロナウイルス海外の感染輸入を効果的に防止するため、人々の命の安全と健康を守るため、吉林省が『中華人民共和国伝染病防治法』と国務院による新型コロナウイルス肺炎防疫対策の関連要求に基づき、海外から戻られた方の集中隔離及び感染診断後にかかわる費用分担の規定を、お知らせします。
 
1集中隔離期間の食事と宿泊費用について
 集中隔離の間に、海外から戻られた方の食事と宿泊費用が自己負担となる。費用の標準は、各地が適切で個人負担可能で、かつ去年同期の基準を越えないように設定される。具体的情報は別途で通知する。なお、確実な事情がある場合、所属地域で検討される必要がある。条件に適うと、費用を酌量して減免する可能である。
 
2海外から戻られた方に対する感染診断後の医療費用負担について
(1)保険のある方に対して、基本医療保険、重病保険、医療補助などによる負担済みの部分以外に、個人の負担部分が財政から補助する。
(2)保険のない方に対して、医療機関は、先に救い・治療を行うべき、お支払を後に徴収する。原則上、医療費用は患者の個人負担となる。
(3)商業保険のある方に対して、商業保険会社は契約どおりにお支払うべきである。
(4)困難の事情がある方に対して、『中華人民共和国伝染病防治法』などの法律・法規によって治療する。医療費用を減免する。
(5)入院観察している間に発生した費用が、原則として個人負担となる。基本医療保険規定に適う部分が、規定どおりに支払う。
 
3集中隔離期間の乗り継ぎ・PCR検査・肺CT検査などの費用について
各衛生健康部署による無料の乗り継ぎ手配をする。
 
4 海外から戻られた方が情報や病症を隠蔽する場合となると、法律に基づき、本人への責任を問われる。また、信用システムに記入される。発生した費用がすべて自己負担となる。
5 上記の公告は2020年3月21日0時より実施する。