景俊海:電子情報産業の生態系の構築を加速、 振興発展の新たな道を踏み出すために新たな動力を注入

2020-06-29    JL.gov

6月28日、省委員会の副書記、省長の景俊海は省政府の特別会議を開催し、電子情報産業の発展活動を研究・配置した。
 
会議では、省庁と省通信管理局の主な責任者は報告をした。中国第一自動車製造場、中国科学院長春光学機械所、ファーウェイ、神州デジタル、IFLYTEK、啓明情報、華微電子、Visteon、シータ電子、吉視メディアなどの企業と科学研究院の責任者は発言した。景俊海は皆と即席で交流し、変革の動向を検討し、企業の需要をドッキングし、発展の取り組みを研究した。
 
景俊海は次のように強調した。情報技術革命が日進月歩しており、産業チェーンをめぐって革新チェーンを配置し、革新チェーンをめぐって産業チェーンを配置し、電子情報産業全体の競争力を高めなければならないと強調した。デジタル化、ネットワーク化、インテリジェント化の融合発展のきっかけを把握し、我省の優位を十分に発揮し、伝統産業との融合と革新を強化し、電子情報企業とのドッキング・協力を深化し、新たな業態、新モード、新経済を創造するために一体化させる。自動車電子、集積回路、表示照明、リモートセンシング衛星、工業インターネットなどの主導産業の製造を加速し、自主的な研究開発能力と市場占有率を高める。上流の電子材料はチェーンを補足することを強化し、中流の電子部品はチェーンを延ばすこと強化し、下流のハードウェア、ソフトウェア、情報サービスはチェーンを作ることを強化する。重点プラットフォーム、重点園区、重点企業の役割を十分に発揮し、デジタル経済、ネット有名人経済などの「応用シーン」を構築し、デジタル産業化、産業デジタル化を促進する。「五つの協力」を深化させ、外資誘致を強化し、プロジェクトの計画建設を加速させ、産業クラスターの発展を推進する。人材募集を強化し、核心技術の通関能力を高める。計画とリードを堅持し、政策の支持を強化し、情報の安全をよりよく保障し、産業の発展ニーズを最大限に満たす。