通化市は全力でビジネス環境最適化を推進

2020-09-14    JL.gov

ビジネス環境の最適化を基礎に、全面的に改革を深化させ、通化市はビジネス環境最適化行動を「新時代の通化におけるエコ転換と全面的振興の促進に関する十大計画」に組み入れ、「ビジネス環境最適化100条」を制定し、106条の任務と273項目の具体的な措置に細分化して、十項目のプロジェクトを実施することによって、「通化・通じ」サービスブランドを作り上げ、親切で清らかなビジネス環境を構築する。

無差別受付サポートシステムを作り、パソコン端末、携帯端末、セルフ端末を通じて、マルチチャンネルとマルチプラットフォームで成果を整理し、サービスを通じさせる。管理と事務処理の分離、デジタル化運営、可視化表現などによって、人の流れを通じさせる。通話「12345」番を設け、市民らの相談・苦情・告発を通じさせる。審査時間をさらに短縮し、主な審査事項の平均所要時間は通常より75%以上短くなって、企業にサービスする政府の体制を確立し、政務サービスビデオクラウドを構築し、専門家が遠隔で評価・審査できる。
 
車・運転・管理サービスステーションのアップグレード版を作り上げ、交通警察、保険、税務の三者が連動して、国産新車の保険、納税、ナンバーの手続きを30分で「ワンストップ」で終わらせる。交通警察、郵便貯金は共同で「警察郵便で市民便利」のサービスモードを作り、運転免許証の更新などの業務は複数場所で、近い所で処理することを実現した。申請者が証明書類を持参することを最大限に削減し、現在、すでに市レベル行政機関の証明事項を整理して346項目を留保し、148項目を取り消した。「誠実と信用の通化」という新しい名刺を作り、通化市信用総合サービスプラットフォームと信用ポータルサイトが正式に運営される。総合的な政務サービスとビッグデータセンターを建設し、2021年に導入する予定だ。新ホールでは国内初の1市2区15庁の政務サービスを融合し、「ワンストップ」サービスを実現する。