長春高新区税務局は税務サービスを最適化

2020-10-09    JL.gov

長春市高新区税務局は納税者の実際の需要から出発して、「セットコース式」サービスを展開して、新規者セット、複数地域経営者セットなどのセットメニューを打ち出した。納税者が業務の種類を選ぶと、一つの窓口で一回でこの業務の関連するすべてのステップを完成できる。また、実名を推進し、納税者の身分と関連情報を一度に収集し、一つの場所で行い、時間や労力、手間を省ける。

納税者の獲得感と満足度を向上させるため、同局はサービスを革新し、納税者が「来庁は一度も要らない」ことを目指している。積極的に「非接触式」納税の常態化を作り出す。国家税務総局の185項目と吉林省税務局の197項目のネット上の税金処理リストを厳格に実行し、「税に関わることはオンラインで、必要でないことは窓口で行わない」の原則に従って、電子税務局やウィーチャット納付、セルフサービス税金処理端末などの「非接触式」の税金処理モードを拡大し、納税手続きを「ネットで」行うよう誘導する。前の四半期では納税者が電子税務局を通じて行った手続きは10446件で、去年同期比62%増加した。
 
国の税収優遇政策を適時に納税者に伝達するために、税務徴収WeChatグループ、税企連絡WeChatグループなどのほかに、「長春高新税務ネット中継」、政務ラジオ放送などのメディア宣伝プラットフォームを打ち出し、納税者が関心を持つ税収優遇政策、例えば減税政策、研究開発費加算控除政策、不動産税と土地使用税の減免政策などを広範な宣伝と的確な指導を行い、情報の共有を確保する。