吉林自動車産業の発展の「強いエンジン」を構築

2020-10-14    JL.gov

2020年上半期、自動車業界全体の落ち込みを背景に、中国一汽の完成車の生産数は162.23万台で、同1.5%増となり、完成車の販売数は163.09万台で、同2.3%増となった。そのうち、紅旗ブランドの完成車の生産数は6.98万台で、前年同期比89.5%増加し、完成車の販売数は7万台で、前年同期比110.7%増加して、至るところに「紅旗速度」「紅旗品質」「紅旗精神」が現れた。
 
一汽紅旗新エネルギー自動車工場、一汽研究開発総院新エネルギー知能ネット連合創新基地、解放J 7知能工場…重要なプロジェクトは一々位置につき、建設を加速する。吉林省は自動車産業への全力支持は、まさに「車輪の上のスピード」となった。
 
今年多くの産業が疫病の影響を受けたの下で、全省の工業経済の支柱である自動車産業は上半期に前年同期比9.2%増の増加を実現し、工業経済は4.1ポイント増とさせ、6月には中国一汽の省属の自動車生産量は50.7%伸び、全国占有率は同2.9ポイント上昇した。
 
産業プロジェクトを発展させるとともに、長春国際自動車城も積極的に都市機能の建設を推進している。紅旗国際町の建設、東風大街の改造工事、5 G施設、インテリジェントネット連合施設は同期配置されている。今年に入ってから、インフラと都市の改造プロジェクトをめぐって総投資額が34.5億元の63個の投資を計画し、推進してきた。総投資額が70億元である颐高数字経済産業園はすでに建設を開始した。専門家のマンションは研究編制と初歩設計を行い、紅旗革新ビルは見事に使用に投入し、自動車道路の延長線工事が竣工し開通し、西湖公園の生態管理プロジェクト、区域給水加圧ポンプステーション工事などの重点任務は全面的に開始した。西四環路、富民大街などの重点区域の緑化は初めて効果が見られた。
 
解放J 7のプラットフォームに基づいて開発された世界初のL 2量産級のスマートドライバー商用車が市場に投入され、車道の中央制御技術、能動的なスマートクルーズ技術、インテリジェントなアクティブブレーキ技術と「解放行」という車のネットワーク技術の4大核心技術を持ち、車両に対する部分的に自動制御機能を実現することができるようになった。
 
一汽啓明はファーウェイと共同で「車路協同」の共同解決案を発表し、融合設計を通じて、全面的に車のインターネット、スマート車の発展をサポートし、一体化した自動車ネットクラウドデジタル化プラットフォームを通じて、道路インフラ、スマート自動車、運営サービス、交通安全管理、交通指揮システムなどの情報の相互接続を実現した。
 
吉林省の強力な推進の下で、2020年中独自動車大会は長春市で開催され、当面の情勢の下で中独自動車産業の発展趨勢を検討し、協力の新たなチャンスを発掘し、さらに我省の自動車産業「新四化」の発展過程を加速させる。