延辺州で過半数の重点工業プロジェクトは再稼働

2021-04-28    JL.gov

年初以来、延辺州は工業プロジェクトの建設を推進し、年間計画で実施される重点工業プロジェクトの過半数はすでに再稼働している。
延辺州は工業プロジェクトの建設を推進する中で重点プロジェクトの着工・竣工時間、投資額、主要内容、建設場所などの基本状況情報バンクを建設し、重点プロジェクトの月間スケジュール、四半期分析制度を実施し、計画通りに工事を始めていない場合、原因を逐次調査し、精確なサービスを実施する。プロジェクトの縦横方向の協調推進メカニズムを確立し、多ルートで全面的にプロジェクトの問題を解決する。縦方向では州、県(市)の主管部門は上下連動して、工業プロジェクトの協調推進メカニズムを確立する。横方向ではVIPルートを設け、プロジェクト建設に発生した問題と困難を適時に協調し解決する。保証サービス体制を確立し完備させ、全行程サービスを各担当者に明確にする。州レベルの指導者が工業プロジェクトを担当する推進計画を制定し、州及び各県(市)は協力保証、等級別実施の方式に従って、1億元級の重点プロジェクトに対して専任者全行程保証サービスを展開し、特別な措置でプロジェクト建設を加速し、プロジェクトの早期着工、早期建設、早期完成を促進する。
3月末までに、年間計画で実施される88の重点工業プロジェクトはすでに49件が生産再開し、計1.1億元の投資を遂げた。そのうち、延吉5 G知能製造産業園、和龍和潤達服装工業園の二期、敦化和信医療機器など19のプロジェクトは建設を開始した。延吉国泰新エネルギー自動車、安図康乃爾ミネラルウォーター、汪清好記醤花香百億級食品産業園の二期など30の継続建設プロジェクトが再稼働した。敦化凱莱英製薬の年間241トン原料と医薬中間体、好記古法樽発酵有機醤油生産の2つのプロジェクトは竣工して生産を開始し、新たに生産高0.6億元を増やした。