道路建設工事を実施 長春現代交通システム一体化を加速

2020-10-09    JL.gov

 
東部快速路の南延長線の開通は、都市の交通圧力を大幅に緩和した。
 
改造後の長春市東西主軸線道路
  
現在、長春は近代的な都市圏を建設する重要な時期にあり、都市建設の仕事をしっかりと行い、特に道路工事を実施し、長春現代交通システム一体化の建設を加速し、高品質の交通強市を建設することが重要である。
 
8月31日22時、長春東部快速路南延長線は開通されたが、都市の重要な交通大動脈として、この工事は長春市中心部と浄月区を結ぶ高速交通のきずなであり、市街地快速道路網にシームレスに接続し、生態大街、生態広場、世紀広場などのラッシュ時の交通圧力を大幅に緩和している。
 
恵工路空港大道プロジェクトは恵工路空港大道高架橋と洋浦大街トンネルからなり、長春市中心エリアと龍嘉空港の新しい主要連絡通路だ。恵工路空港大道の洋浦大街橋工事の起点は西に空港大道建設工事の1つである恵工路改造工事の終点に接続し、主な建設内容は道路、トンネル、U型溝と排水、照明、消防、知能交通、緑化などの工事を含み、道路の全長は1300メートルである。この工事は2020年6月中旬に開始され、建設後は空港大道と常徳路、洋浦大街との接続が実現される。
 
長春市東西主軸線道路の改造工事は民康路全線、解放大路(民康路から亜泰大街)、吉林大路全線を含み、全長は約9.3キロで、すでに完成した。面積50ヘクタールの緑地を改造して、緑化の種類は高木、低木、模紋と地表花卉で、植物の配置は豊富で、主として耐性が強く、成育しやすい地元木種を選択し、長春市の地域の特色を強調した。