長春国際自動車城の新時代を開く

2020-10-14    JL.gov

 
中国一汽NBD新本社
 
 
高度自動化、インテリジェント化の生産ラインは中国一汽製品に世界レベルの高品質を与えた。
 
2020年7月28日、長春市政府は中国一汽と「政府と企業は提携して長春国際自動車城『四つの回帰』を推進する協議書」に調印した。中国一汽は長春市と全面的に協力して、長春で兆級の長春国際自動車城を作ろうとしている。
 
長春汽開区では、中国一汽は相次いで50億元を投資した紅旗工場のスマート改造プロジェクトを実施し、15億元を投資した長春豊越RAV4のモデルチェンジプロジェクトを実施し、78億元を投資した紅旗新エネルギー自動車工場、26.9億元を投資した新エネルギースマートネット連合革新試験基地、17.9億元を投資した長春豊越の生産の拡張、11.7億元を投資した解放J 7の知能工場などの重大プロジェクトを速やかに着工し、建設を加速している。
 
長春国際自動車城の核心区として、計画面積が約57.3平方キロメートルの紅旗町は長春国際自動車城建設のメーンポイントである。紅旗町の範囲内で、総投資50億元の紅旗工場の知能改造プロジェクトはすでに完成して、新しい紅旗h 9はすでにここで市場に投入しはじめた。全省初めの「5 G街路」東風大街の改造工事と街路の硬化解体工事を全面的に完成させ、都市のイメージを向上させると同時に、5 G、スマートネット接続施設を同時に配置し、長春国際自動車城のICVを発展させ、工業インターネットを建設するのを加速させるのに模範的な工事になる。