吉林省の農業の近代化は全国第一のグループに立つ

2021-07-07    JL.gov

 
コンバインは田んぼで作業している。
舒蘭市白旗鎮はマクワウリの栽培を全鎮の主導産業にし、白旗マクワウリのブランドを大いに製造し、農民が裕福になることと収入を増すことを効果的に助けている。
 
農安県合隆鎮陳家の村人はあずまやで涼み、雑談している。
 
舒蘭市金馬鎮新立村では、村人たちが早起きして畑を掘ったり、肥料を施したりしている。
 
無人機は植物保護の作業中である。(本グループの写真はすべて資料写真。)
 
2015年、習近平総書記は全国人民代表大会吉林代表団の審議に参加する時と、吉林を視察する時は、「農業の近代化を率先して実現し、現代農業建設の先頭に立つ」と我が省に重要な指示を出した。昨年、習近平総書記が吉林を視察した時は、「全国から見て、吉林は農業現代化の第一チームにあり、農業の近代化の先頭に立つべきだ」と指摘した。これは総書記が我が省の農業発展に対する切実な期待でもあり、さらに労農の格差を縮小することに立脚し、第二の百年の奮闘目標を実現する現実的な需要でもあり、また我が省の農業発展に対する肯定と鞭撻でもある。
 
産業システムは融合発展を加速する。国家の食糧安全政治責任を断固として担ぎ、総合生産能力は着実に向上し、食糧総生産量は8年連続で700億斤の段階的水準に安定し、食糧商品量、一人当たりの食糧占有量、単産レベルは長年全国の前列に位置している。
 
生産システムは改善・向上を加速する。農村インフラの向上を加速させ、高基準農地面積は3530万ムーを超え、農業機械化は89.2%に達し、科学技術化、情報化、標準化、生態化、集約化発展は新たな水準を示している。
 
経営システムは革新の突破を加速する。農民合作社、家庭農場などの新型主体が盛んに発展し、全省の家庭農場は14.6万個まで発展し、農民合作社は8.4万個まで発展した。革新的な方法を用いて、経営主体の育成を加速し、品質向上を強化し、農業社会化サービス体系の建設を推進し、小農家と現代農業の効果的な接続メカニズムの構築を加速させる。
 
グリーン農業は全面的なグレードアップを加速する。黒地の保護と利用を強化して、「梨樹モード」を総括し広く紹介し、保護性の耕作を2800万ムー広めた。農業のグリーン転換を推進し、化学肥料・農薬の減量行動を実施する。
 
我が省は全国唯一の省級農村金融総合改革試験区であり、既に村級の金融サービスステーションを2000軒以上建設し、農業保険は主要農産物の全カバー、貧困扶助保険は貧困世帯の全カバーを実現し、農村土地の「両権」の担保ローンの規模は絶えず拡大して、金融が農業の現代化発展能力を著しく向上させている。