松原:生態観光市を建設

2024-03-21

出所:吉林日報

 

湿地草原の面積は年々増加している。写真は査干湖湿地の風景。 王学雷(資料写真)

都市環境はますます良くなり、緑化レベルは向上している。写真は秋のカラフルな納仁汗公園。 王学雷(資料写真)

良い生態環境は、さまざまな鳥類を引きつけている。 王学雷(資料写真)

科学的に飼い、秩序正しく漁獲し、査干湖の冬漁盛景は各地の観光客を引きつける。 王学雷(資料写真)

美しく住みやすい生態都市を全面的に作り上げる。写真は市街区の一江両岸の風景。 王学雷(資料写真)

陽春の3月、査干湖の氷は徐々に解け始め、雁、アオサギなどの鳥が続々と巣に戻り、査干湖に無限の生気と活力を加えた。人々も湖畔に殺到し、この草が生え、ウグイスが飛び、広がる大きな湖の美しい景観をレンズで記録した。

過ぎたばかりの雪シーズンに、査干湖もにぎやかだった。昨年12月から開催されている査干湖冬漁祭は、世界中から観光客を集めている。美しい氷湖の雪景色、壮観な1ネット1万斤の漁獲現場、入念に展開された活動などは、観光客を酔わせ、帰るのを忘れさせた。

「生態系の保護と生態系観光の発展は相乗効果があり、この道は着実に歩んでいかなければならない」という総書記の切実な要請を松原市は銘記し、査干湖の生態系保護と生態系観光の相乗発展の道を全市の発展にコピーした。環境保護と生態観光をそれぞれ片手にして、生態市を全面的に建設し、全省が全面的な振興を推進し、率先して新たな突破を実現する征途において、先鋒となり、松原の力を貢献する。