ホーム>特定の題目>特別の報道>北東アジア経済貿易協力高層フォーラムが T   T   T
カンボジアYim Chhay Ly副首相の講演内容
2012/09/11     出所:

  世界金融危機により、カンボジアを含む世界の大多数の国家が深刻な影響を受けし続けました。カンボジアは世界経済体の一つとして、世界経済の低迷に伴うカンボジアの経済成長が鈍化しています。にも関わらず、カンボジア王国政府の努力の下、一部のマイナス影響を減少しました。カンボジアと中国貿易の総額は2009年度の4.37億ドルから2010年度の13億ドルまで上昇しました。今後、両国間の貿易が年毎に継続的成長する見通しです

  カンボジアはアセアンのリード国として、2015年にアセアンが発表した「1つの団体で共同な運命」という目標を実現する目的とし、カンボジア指導者はプノンペンとシェムリアップで諸国家指導者会議を数回に司会しました。一方、アセアンは同目標の実現の為に各種類の体制を確立しました。例えば、経済自由区体制とは、当地域で投資用土台を構築し、当地域以外の国家、特に中国からの投資を引きつける目的でた。更に、カンボジア王国政府はインフラへの資を増加し、商業貿易の強化に支援する同時、税収や価格など方面で抱えた課題及び様々な貿易障壁を解決し、アセアン諸国人民間の良好な関係を強化することを決定しました。

  カンボジアと他の国家と同様で、製品輸出と海外直接投資の依存度が高い国であり、それを経済成長の手段として使われています。国連がG20会議において発表した発展・投資政策に関する実地調査報告によると、数多くの先進国は世界経済の危機の下、投資政策や外来投資激励政策を制定せず、本国の会社や工業の再建に取り組み、本国の就業保障に努めました。現在のカンボジアは、経済金融危機の深刻な影響を対応するため、様々な経済促進政策を制定して経済成長の維持に全力に取り組んおります。これは、政府が策定した「四角戦略」の第2ステップで年間の経済成長率7%の計画に合致しました。

  今後、世界諸国は発展の歩みを更なる加速して、多種のルート・方式を通して世界、東北アジア地域、アセアン諸国の間の経済貿易の協力を強化し、人民の生活レベルを高めることを期待しております。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド