ホーム>特定の題目>特別の報道>北東アジア経済貿易協力高層フォーラムが T   T   T
朝鮮貿易省徐吉福副相の講演内容 
2012/09/11     出所:

  北東アジア地域は、国家の数があまり多くないが、敷地面積が大きく、相当の人口が北東アジア地域に居住しています。豊富な地下資源、森林資源、海洋資源に恵まれ、とても有利な輸送条件を整えた。北東アジア地域における諸国は、各方面でハイテクノロジーを確立されて、人材経済が発達され、極めて大きな市場があり、時機地利人和など有利な条件を備えた。諸国の間にウインウインを前提にして交流・協力を強化すれば、経済の継続・健全・安定的発展を図るに違いない。現在、北東アジア国家は共同な発展を促進し、多岐の分野に亘って協力を強化することを目的とし、地域の協力枠組の構築に取り組んいる。

  昨年、中朝両国政府や人民から支援の下、朝鮮・中国が朝羅先経済貿易地域を共同で開発・管理するプロジェクトの着工式を行われた。1年後の今日、地域開発の全体計画が立てられ、港と鉄道の拡張・増築工事が予定通りに建設し、旅行、農業など分野での協力も積極的展開している。

  今年8月、北京において朝鮮羅先経済貿易地域、黄金坪、威化島経済地域を共同で管理する中国・朝鮮共同指導委員会第3回会議を開かれた。同会議において、開発プロジェクトの進行に伴う知見や経験を総括し、特に「21島」の開発により、朝鮮・中国両国が多岐の分野での交流・協力を強化できると強調した。これは朝鮮・中国両国人民の共通願望であるため、双方が関連契約の締結までに至った。

  羅先経済貿易地域の建設について、朝鮮・中国両国だけでなく、北東アジア地域の発展にも促進の動力となり、世界の経済発展にも大きな影響力を与えられるに違いない。

  ここで、北東アジア諸家と世界の他の国家が積極的羅先地域の投資プロジェクトに参画することを期待している。一方、北東アジア国家の間に協力枠組を構築することは、北東アジア国家の健全・調和・継続な発展にメリットがある以外、共同な繁栄の実現、双方の信頼関係の深め、協力の強化にも繋がることを確信している

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド