ホーム>政務>文献解読 T   T   T
吉林省金融弁公室、『私営経済重点意見に関する意見』要旨への解釈
2013/03/11     出所:
  吉林省金融弁公室の劉長勇副巡視員は先日、金融機関が私営経済の発展を支援する具体的政策・方法について、以下のように解釈した。吉林省党委員会、省政府が打ち出した『私営経済重点発展に関する意見』、特に王儒林書記、巴音朝魯省長が全省の私営経済重点発展大会での重要な演説、及び公表した金融が私営経済の発展へサービスする計画・要求は、私営経済を重点的発展する現実的需要に応じ、私営経済主体の切実な期待を対応する結果である。

  金融は私営経済の発展へのサービスについて、次のような対策を講じる。1、貸付金の投入拡大に尽力する。金融機関は主体・骨幹として掛け替えのない役割を果たしている。在吉金融機関は私営経済の貸付け投入を更なる拡大する方針だ。加えて、各金融機関本部が吉林省の貸付規模と資源配置など方面で優遇政策を与えることを求め、今年の貸付投入量を増加させ、貸付金の伸び率が前年に比べて上回るよう努力する。私営企業向けの貸付製品は更なる革新し、私営企業が不動産、土地使用権、有効証券、無形資産を抵当として貸付の取得を許容とする。各金融機関は積極的国家の諸金融政策を実行し、私営企業の不良債権比率に対する差異化の評価を実施し、適当に私営企業の不良債権比率への許容範囲を拡大する。金融業が特定資金のテコの役割を一層に発揮し、金融機関が私営企業へ貸付金を投入するよう誘導し、地方政府の当年貸出残高が昨年比10%以上に上昇した金融機関に対し、一定の奨励金を与える政策を決めた。

  『意見』では、金融機関が私営企業の上場と債券発行を支持することを要求する。具体的内容とし、各級政府は新規の上場または債権発行の企業を対象にして経費の補助金を与える。各類投資ファンドの役目を果たし、特に政府が創設した中小企業発展基金と私営経済発展基金を活用し、私営経済の発展に多大な支持を与える。現地の発展に貢献度が大きい企業に対し、同級政府から適当の奨励金を与えるものとする。

  各方面で資本市場を建設することは、私営企業の発展に多くの直接融資ルートの提供につながる。全省は資本市場からの融資を拡大することを目的とし、次の対策を実行しなければならない。

  1、継続に「私営企業上場育成」と融資サービスプロジェクトを実施し、より多くの条件を満たした私営企業を上場範囲に組入れる。初上場や上場企業の株発行増加、株主割当、債券転換など方式を通じて資本市場での融資を拡大する。

  2、株権投資ファンドの大きな発展を着実に推進する。吉林省私営企業株権投資基金を創設し、私営企業、特に高成長の段階に入った企業やハイテク企業の株権融資の発展を推進する。社会資本が株券投資ファンドへの参画を激励し、条件を備える県(市、区)に私営企業向けの株権投資ファンドの創設を支援する。株権投資ファンドと企業上場の一体化を連動的発展し、地域の株権取引市場の発展を加速し、私営企業の株権取引と株権投資ファンドの退出に土台を構築する。

  3、私営企業に社債、企業債権、中期投資債権、短期融資券、個人債券など方式で融資することを一層に激励する。吉林省の私営企業債券信用向上会社を設立し、市場方式による私営企業の信用を向上し、私営企業の債券発行力を高める。

  4、更なる店頭取引市場を発展させる。長春市ハイテク区、吉林市ハイテク区が新サンパン試行地の申請を推進し、吉林長春産権交易センターと東北証券公司が共同で地域的株権交易市場の建設に支援し、吉林省金融資産交易所を設立することだ。

  『意見』は、強力に小額貸付会社と村鎮銀行を発展させることを明確した。小額貸付会社向けの試行地活動が実施以来4年間、小額貸付会社の貸出残高は倍増となり、実体経済の発展への支援力が更なる増強された。今後、小額貸付会社の最大株主と主要な発起人の持株割合は以前の20%から50%に緩める以外、資本金が5億元以上の小額貸付会社は持株割合の制限対象から外れるものとする。今年、小額貸付会社の総数は倍増となり、小型・超小型の金融機関から私営企業への支持を拡大する目標を確定した。小額貸付連盟を創立し、小額貸付会社の融資ルートを広げる。私営資本が県レベルの信用聯社を農村商業銀行までの変更参画を激励する。強力に村鎮銀行、私営担保機関、抵当、融資仲介など小型・超小型金融機関を発展させる。開発区、村鎮、商圏、商会に資金相互扶助組織の発展を誘導する計画だ。

  「土地収益保証貸付モードは、私営企業の融資難の解決につながり、私営経済の発展支援に新たな融資ルートを確保した」。今後、林権、水権、草場権など方面での予期収益を保証とする方法を模索し、私営経済に融資サービスを提供し、予期収益保証貸付けモードを普及させる。農民専門協同組合と農業先導企業など私営経済に融資の拡大を支援する。それと同時に、現行の法律枠組範囲で吉林省物権力融資登記託管交易会社の設立をなるべく早く研究し、効果的私営企業の融資難を解決する方針を定めた。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド