ホーム>政務>文献解読 T   T   T
吉林省軟環境弁公室、『私営経済重点発展に関する意見』要旨への解釈
2013/03/12     出所:
  吉林省紀律検査委員会常務委員、監察庁副庁長、省ソフト面環境整備・建設指導者グループの成員である邱大明氏は「緩和かつ優位性がある経済発展のソフト面環境を構築することは、私営経済の発展を促進する前提条件と必要な保障である。近日、吉林省党委員会、省政府は『私営経済重点発展に関する意見』を打ち出し、経済発展環境の改善を私営経済を重要的発展させる重要な条件として位置づけた。これは省党委員会、省政府が経済発展のソフト面環境を整備・建設する決心と態度を表明した以外、新たな任務とより高い要求を出し、ソフト面の環境を建設する自信と決心にも増強された」と述べ、吉林省のソフト面環境の整備・建設に関する一連の重要な施策について以下のように解釈した。

  私営経済の発展にサービスすることはソフト面の環境を整備するポイントである。当面に私営経済の発展に制約する要因は、主に思想保守、観念の時代遅れ、私営経済への関心不足、制度建設・実行の不完全、法治意識の薄弱、仕事のやり方が情勢・任務の要求に不適応などがあり、今後に力を入れて解決することは必要だ。

  吉林省の軟環境弁公室は今年及び今後一つの時期にソフト面の環境の整備・建設に関する対策・措置について、今後に「行政審査スピード・アップ、ソフト面環境の整備・建設の実効アップ」を実践の主題とし、  「改革・整理・監督・調査」 を重点な内容にし、「大訪問、大宣伝、大改善」を実行方法にし、組織の指導、監督・検査、責任の実行、仕事の実効を強化し、高品質のサービス、高効率、司法公正、法律執行規範化及び政府の信用度が高く、企業の負担が軽いという発展環境を構築する方針を決定した。

  「改革・整理・監督・調査」 に関する具体的内容は以下の通りに示す。

  改革とは、強力に行政審査制度の改革を進めることを指す。行政審査項目を重点的整理・取り消し・調整し、審査許可の手続きを簡素化にし、各手続きの受理期限、具体的手順、救済措置など内容を明確化にする。責任者明確制度や1回告知制度を健全化にする。

  整理とは、企業に関わる行政事業性の料金項目と経営サービス性の料金項目を整理し、企業に関わる無闇な罰金、検査を取締り、確実に企業の負担を軽減することを指す。企業に関わる検査を規範化にし、公共安全、環境保護、安全生産、食品薬品安全など事項の検査を除き、ほかの企業に関わる検査は同級の法制部門の審査を受け、取り消すできる検査を全部実行停止し、連合展開の方法を採用する。行政処罰を細分化にする。省政府による細分基準を承認した場合は、細分基準を適用し、それ以外に最低基準を適用とする。法律執行権と処罰権の分離を実行し、企業の規則違反問題について本級の事件審査委員会または上司に報告する必要がある。

  監督とは、省党委員会、省政府が打ち出した関連の私営経済発展の政策、措置の実行状況への監督を強化することを指す。政策の連続実行性を監督し、後任は前任政府が履行中の義務を継続に履行し、合法的承諾、有効的契約を継続に実行する。積極的に行政審査電子監察システムを構築し、権力運用の全過程への監督を強化する。大衆が好評できるソフト面の環境建設を展開し、「大訪問、大改善」を引き続き推進し、徹底的に調査できるソフト面の環境監督員を育成し、十分に大衆の監督の役割を果たし、確実に企業の要求を注目するのほか、発見された問題を改善し、実効を求める。

  調査とは、事件を調査・処分することを指す。具体的に、ソフト面の環境に関わる告発制度を完備し、真剣に企業・大衆の告発・苦情相談を受け、告発・苦情相談ルートを確保し、手紙、訪問、電報、ネット、調査など「5位一体」の苦情相談体制を確立するとともに、告発専用電話を公開にし、直ちに告発を対応して関連事件を厳しく処分する。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド