ホーム>政務>文献解読 T   T   T
吉林省交通厅、『都市公共交通優先発展に関する実施計画』への要旨説明
2013/06/04     出所:
  吉林省政府常務会議は418日、『吉林省人民政府が都市公共交通を優先的発展させる実施計画』(吉政発[2013]12号) (以下に『実施計画』と略称する)を審議可決し、58日に本格的印刷配布し、吉林省で実施することが決定した。吉林省交通運輸庁は527日、『実施計画』に関する公表会を開催し、李恩会副庁長から『実施計画』の制定背景、主要な内容、特徴などについて以下の通りに紹介した。

  制定背景

  改革開放の実施に伴い、吉林省の都市公共交通は著しい発展を遂げた。吉林省は現在、都市公共交通企業100社、従業員2.66万人、車両1.14万台、駐車場面積43.1万平方メートルに達した。にも関わらず、インフラの時代遅れ、車両数が少なくランクが低い、発展理念が立ち遅れ、企業経営難など問題に抱えている。省政府により打ち出した『実施計画』では、都市の公共交通を社会公衆に基本的交通を提供する公益性事業として位置づけられた同時、優先的に公共交通を発展させることは、都市の居住環境の改善、都市機能の正常的運用の保障、都市の交通発展方式の転換などについて極めて重要な機能があると明確した。李恩会副庁長は、「公共交通を優先的発展させることは、庶民のことを優先的に解決することとイコールだ。従い、各級の交通輸送部門は都市の公共交通を加速する貴重な契機を捉え、都市の公共交通の発展を重要な議事日程に織り込み、全面的に公共交通による都市の発展をけん引するコンセプトを確立することにより、都市の公共交通の発展を庶民の利益に関わる重要な民生改善プロジェクトとして取り組むことが不可欠だ」と強調した。

  主要な内容

  『実施計画』では任務9項、保障措施25項を打ち出し、公共交通が優先的発展させる施策の順調的実施を確保し、庶民のことを優先的解決する目標の実現にも近づいた。この9項任務では、①企画の起案期限と要求を明確し、計画起案の監督・実行を強化する。②公共交通の用地保障を強化する。③政府からの扶助を拡大し、科学かつ合理的に都市の公共交通料金を確定する。③都市公共交通の路権優先を保障し、道路と信号の最優先を推進する。④都市公共交通の交通経営行為を規範化にし、都市公共交通サービスに対する総合的評価を強化する。⑤科学技術の手段を活かし、都市公共交通のサービスレベルを高める。⑥都市の公共交通の融資改革を進め、都市公共交通の発展を促進する。⑧都市公共交通業界の改革を進め、従業員の合法的権益を保障する。⑨組織の指導を強化し、部門の責任を明確にし、都市公共交通の功績評価を強化することだ。

  『実施計画』では、6つの方面で対策・措置を革新したことにより、当面に吉林省の都市公共交通の発展を制約するボトルネックの問題を解決した。2013年、「公共交通便民」プロジェクトが本格的発足に伴い、都市軌道交通の土地の総合利用を強化され、資金の使用用途を明確したとともに、関連インフラの建設が保証され、連合会議制度は優先的発展に政策の支持を与え、奨励金の発給により各地の積極性を引き出した。

  主要な特徴

  『実施計画』は以下の10方面で決められ、優先的発展に力強い動力を注入した。具体的に、①人口規模別に様々な指標の発展目標値を確定した。②企画の起案及び監督・実行を強化した。③旧都市の改造計画と新都市の建設企画を策定する際、都市の公共交通インフラは並行に設計建設・検収・使用することを明確された。④都市公共交通インフラ用地が「管理詳細計画」に織り込んた。⑤現行の関連税収優遇政策を満たした都市は、営業税、都市土地使用税、家屋不動産税など税収優遇政策を享受させる。⑥各種類の都市公共交通方式の間に合理的価値対比関係を築き、優位性の補完を実現し、公共交通システムの運営効率を高める。⑥企業安全生産の特定経費を企業の経営原価計算範囲に組み入れることを確定した。⑦企業の経営状況、サービス品質、安全生産など状況について評価を行い、総合的評価結果を政府補助金、企業許与規制の重要な根拠として具体的保障措施を講じた。⑧公共交通企業が融資プラットフォームの構築を誘導し、市場の融資能力を強める。⑨都市の公共交通企業と道路の旅客輸送企業が共同出資による企業を設立し、都市農村の公共交通旅客輸送線路を経営し、都市農村の公共交通旅客輸送一体化を図ることを発表された。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド