ホーム>政務>記者会見 T   T   T
長春空港に台湾住民口岸注記拠点を設立
2012/11/05     出所:
  111付け吉林省公安庁記者会見によると、公安部が国務院台湾事務弁公室交流局より決定上、116から、吉林省公安機関出入国管理部門が長春空港で台湾住民口岸注記拠点を設立し、事前に入国証明書を入手せずに口岸到着の台湾住民に入国証明書、注記の取り扱う権限を与えたことが明らかになった。

  公安部から、長春空港口岸の公安機関出入国管理部門は厳格に『〈台湾住民大陸往復通行許可証の審査発行に関する規則〉の通知』など関連規定に従い、有効期限5年の台湾住民の大陸往復通行許可証(以下は台湾同胞証明と略称する)の台湾住民に3ヶ月一回の大陸往復注記、有効な台湾同胞証明を持ってない台湾住民に一回出入国有効台湾同胞証明と3ヶ月一回の出入国大陸有効往復注記を発行する、と要求した。

  公安部は吉林省に台湾同胞注記業務を授権したことにつれて、更なる台湾住民が大陸の往復に便宜を図り、吉林省と長春市の国際イメージを高め、強力に長春市航空運輸業の国際競争力を向上し、吉林省の経済社会の発展を促進できると見込まれる。駐長春空港口岸のビザ発行部門は空港口岸ビザ区に『口岸ビザ申請案内書』、『申請手順』、『料金基準』などを制作した一方、特殊な群体に対して専門的応接室を設置し、人民警察監督札を付け、便民サービスボークスを設置し、入国旅客にコピー、撮影、翻訳、記入代行などサービスを提供する。更に、『台湾住民大陸往復通行許可証の注意事項』など宣伝ビラを印刷し、台湾同胞の業務取り扱いに便宜を図った。長春竜嘉国際空港口岸の問合わせ電話番号は88797855FAX番号:88797856

  証明書の申請場所は長春竜嘉国際空港国際区出入り口とする。

  長春竜嘉国際空港は20117月に長春~台北、長春~台中の航路を開通した。南方航空会社は週毎にフライト4便数が長春~台湾両地に往復し、1月当たりに台湾からの便数は18便、入国人数が約1600人であった。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド