ホーム>政務>記者会見 T   T   T
長春農業博覧会が間もなく開幕
2013/05/15     出所:
  12回長春農業博覧会第1回記者会見は510日午後に開催され、長春農業博覧会は2013816日~25日に長春農博園で開催することを発表された。「科学技術・緑色、交流・発展、文化・経済貿易」をテーマとする今回の博覧会では、近代的な農業の発展をけん引し、誘導性、実用性、専門性を求め、展示内容や文化内包など方面で革新されたことは特徴である。

  今回は、「三農」(農村、農業、農民)にサービスすることを主旨とし、更なる農業の新品種と新技術を展示することを目的とする。トウモロコシ展示コーナーでは、全国各地の高生産量且つ優良品種のトウモロコシを展示された。菌類・野菜基地は全面的に国内で先進的技術を持つ菌類生産ラインをスタートし、菌類・野菜の産業発展をけん引する役割を果たすことを目的とし、菌類・野菜の生産、開発、加工工程を展示している。近代化の温室4棟は応用物ネットワーク化の技術を導入し、農業情報化の最新成果を普及された。それ以外に、高光効果の栽培、保護性の耕作、「循環農業」など技術を確立され、農民の科学的耕作を誘導し続けた。

  過去の農業博覧会で採用した現場栽培モードでは、国内外の同類展示会で独自な旗印を掲げられた。今回は初めて南方果樹園を設け、南方果樹40種類以上を栽培した。一方、観光農業園を新設し、国内外の珍しい野菜品種を栽培し、景観スポット15か所を建設し、アイデア農業逸品園区を建設した。更に、栽培区には品種、技術、施設の組み合わせとレイアウトの最適化により、「品種、技術、モード」及び「アイデア、景観、芸術」の統一性を体現され、更なる田園の特色及び科学普及、示範、観光の機能を活用された。

  今回の博覧会が「農民の祝日、市民の祝日」を目指し、東北の特色ある文化雰囲気を構築し、文化内包を向上された。「関東(吉林)農耕民俗文化展」は展示面積6500平方メートルまで拡充され、品種備えの展示物と多元化の展示手法を通じて関東の農耕文化と民俗文化を発揚した。なお、一層に「農業博覧会芸術祭」のレベルを向上され、「映画を農村放送」活動を全省範囲で展開した。それ以外、栽培業展、漁業展、田舎旅行逸品展、奇石展など各項目の展示即売内容にも文化の元素を溶け込んた。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド