ホーム>政務>法規政策 T   T   T
中華人民共和国の外国人の入国の出国する管理法

 

中華人民共和国の外国人の入国の出国する管理法

(19851122に第6期の全国人民代表大会の常務委員会の第13次の会議が通過)

 

 

1章 総則

 

第一条:中華人民共和国の主権、安全と社会の秩序を守るため、国際付き合いを発展することに利益があって、特製の定本法。外国人は入って、出て、中華人民共和国国境とを通じて(通って)中国で居留して、旅行、当法を適用できる。

第二条:外国人の入国は、境界線を通過してと中国国内で居留して、中国政府の主管機関を通じて(通って)必ず許可しなければならない。

第三条:外国人の入国は、出国して、境界線を通過して、外国人の開放的なあるいは指定する港に対して必ず通行しなければならなくて、国境の警備の検査機関の検査を受け入れる。外国の交通機関は入国して、出国して、境界線を通過して、外国人の開放的なあるいは指定する港に対して必ず通行しなければならなくて、国境の警備の検査機関の検査と後見を受け入れる。

第四条:中国政府は中国国内にいる外国人の合法的な権利と利益を保護する。外国人の人身の自由は侵犯されないで、非経の人民検察院はあるいは決定あるいは人民法院の決定を許可して、そして公安機関あるいは国家の安全な機関から実行して、逮捕されない。

条:外国人のある中国国内、必ず中国の法律を守らなければならなくて、中国国家の安全に危害を及ぼしてはなりません、社会の公共の利益を損ないし、社会の公共の秩序を破壊する。

 

章 入国

第六条:外国人の入国、中国の外交代表の機関、領事の機関あるいは外交部の権限を授けるその他の海外駐在の機関にビザを取り扱うことを申請するべく。特定の情況の下で、国務院によって規定の、外国人も中国政府の主管機関に港のビザ発行機関がビザを取り扱うことを申請することを指定することができる。中国政府とビザの合意の国家の人員の入国を予約して、合意によって実行する。外国が中国の公民に対して入国して、境界線を通過してもっぱら規定のがあって、中国政府の主管機関は情況によって相応の措置をとることができる。程の切符を連ねて国際フライトに搭乗して直接境界線を通過することを持って、中国でとどまって24時間を上回らないで空港の外国人を出ないで、ビザをすることを免れる。その時になって空港のを離れることを求めて、国境の警備の検査機関を通じて(通って)許可しなければならない。

第七条:外国人は各ビザを申請して、有効な旅券を提供するべきで、必要の時関連証明を提供する。

第八条:招聘に応じますかます受けて中国の働く外国人を雇ってきて、ビザを申請する時、招聘に応じますかます受けて証明を雇うことを持つべく。

第九条:中国の定住する外国人に来て、ビザを申請する時、身分に定住して時計を確認することを持つべく。身分に定住して時計を確認して、申請者のから定住する公安機関が受け取ることを申請することを申請するに向っている。

第十条:中国政府の主管機関は外国人によって入国の事の次第を申請して、相応するビザを交付する。

第十一条:国際航行の航空器あるいは船舶に従事して中国港に到着する時、機長、船長あるいは代理人は国境の警備の検査機関に必ず旅客の名簿に提出しなければならない;外国の飛行機、船舶は必ずユニット、船員に名簿を提供する。

第十二条:入国を思われた後に中国の国家の安全、社会の秩序の外国人に危害を及ぼすかもしれなくて、入国を許してはいけない。

 

章 居留

第十三条:外国人は中国で居留して、必ず中国政府の主管機関の発行する身分の証明書あるいは居留する証明書を持たなければならない。身分の証明書あるいは居留する証明書の有効期限、入国の事の次第によって確定する。中国で居留する外国人、規定の時間で内は現地の公安機関まで()出させて件を検証するべく。

第十四条:中国の法律によって中国で投資してあるいは中国企業、国家機関と経済、科学技術、文化その他の中国で長期にわたり居留する外国人を行って協力でおよび、中国政府の主管機関を通じて(通って)許可して、獲得して長期にわたり居留することができるあるいは永久の居留資格。

第十五条:政治の原因のためですに対して避難する外国人を求めて、中国政府の主管機関を通じて許可して、中国で居留することを許可する。

第十六条:中国の法律の外国人を守らないことに対して、中国政府の主管機関は短縮してその中国でとどまった期限あるいはその中国で居留した資格を取り消すことができる。

第十七条:外国人は中国国内でその時になって泊まって、規定のべきですによって、チェックインを取り扱う。

第十八条:居留の証明書の外国人を持って中国で居留の場所を変更して、決まりによって必ず取り扱って手続きに移らなければならない。

十九条:居留の証明書の外国人を得ていないでと中国の留学の外国人に来て、中国政府の主管機関の許可を経ていないで、得ないで中国で就業する。

 

章 旅行

第二十条:外国人は効き目があるビザあるいは居留する証明書を持って、中国政府の規定の外国人の開放的な地区に対してに向かって旅行することができる。

第二十一条:外国人は間違いの外国人の開放的な地区に向かって旅行して、現地の公安機関に必ず旅行する証明書を申請しなければならない。

 

章 出国します

第二十二条:外国人は出国して、本人の有効な旅券あるいはその他の有効な証明書に任せる。

第二十三条:下記の状況の1つの外国人がいて、出国を許さない:

()刑事事件の被告人と公安機関あるいは人民検察院あるいは人民法院の認定する犯罪容疑者;

()人民法院の知らせは民事の事件に解決していないで国境(境界)を出ることができないことがある;

()中国の法律の行為に背いてまだ処理していないその他があって、関連主管機関を通じて(通って)追及しなければならないと認定する。

二十四条:下記の状況の1つの外国人がいて、国境の警備の検査機関が権力(権利)があって出国を阻止して、そして法律に基いて処理する:

()持って無効な出国する証明書のを使うこと;

()持って他人の出国する証明書のを使うこと;

()あるいは書き直す出国する証明書を偽造しますで持つこと。

 

章 管理機関

第二十五条:中国政府は国外のに外国人の入国、境界線を通過する申請の機関を受理して、中国の外交代表の機関、領事の機関と外交部の授権のその他の海外駐在の機関である。中国政府は国内のに外国人の入国、境界線の通過、居留、旅行の申請の機関を受理して、公安部、公安部の授権の地方の公安機関と外交部、外交部の授権の地方の外交事務の部門である。

第二十六条:外国人の入国、境界線の通過、居留、旅行の申請の機関を受理して権力(権利)がありますビザ、証明書を出すことを拒んで、すでに出したビザ、証明書に対して、権力(権利)があって破棄を取り上げますかます宣言する。公安部と外交部は必要の時、各自の授権の機関の作り出した決定を変えることができる。

第二十七条:不法に入国して不法に居留する外国人に対して、県レベル以上の公安機関は審査、監視を拘留して居住しますかます送還して出国することができる。

第二十八条:県レベル以上の公安機関の外交事務の人民警察は任務を実行する時、権力(権利)があって外国人の旅券とその他の証明書を調べます。外交事務の人民警察が調べる時、自分の仕事の証明書を提示するべきで、関連組織あるいは個人は協力の責任がある。

 

章 処罰します第

第二十九条:当法に背くことに対して規定の、不法な入国は、出国して、中国国内で不法に居留しますかますとどまっての、効果的に旅行する証明書の間違いの外国人に向かう開放的な地区の旅行のを持っていないで、偽造して、書き直して、ものともしないで使い、入国を譲り、出国する証明書の、県レベル以上の公安機関は警告、罰金あるいは10日以下の留置を処罰して処罰することができる;筋は深刻で、犯罪のを構成して、法律に基いて刑事責任を問う。公安機関の罰金を受けてあるいは処罰する外国人を拘留して、処罰することに対して服しないで、知らせのを15日内受け取って日から、向上する1級の公安機関は申し立てを出すことができて、上から1級の公安機関は最後の裁決を作り出して、直接現地の人民法院に訴訟をも言い出すことができる。

第三十条:有本法の第29条が行為の筋を並べたのは深刻で、公安部は期限を処罰して出国しますかます国外追放にして処罰することができる。

 

章 付則

第三十一条:本法所の量る外国人は《中華人民共和国国籍法》中国の国籍を持たない人によってである。

第三十二条:中国の隣接している国家の外国人と、両国の国境で居住して境を接する地区の、その時になって中国国境に入って、中国国境を出て、実行する両国の間の合意の合意によってがあって、合意の中国政府の決まりの実行によってがある。

第三十三条:公安部と外交部は当法によって実施細則を制定して、国務院が許可して施行を申し込む。

第三十四条:外国の駐中華人民共和国外交代表の機関、領事の機関の成員はおよび特権の免除するその他の外国人の入国後でと管理を有して、国務院と主管機関の関連規定によって取り扱う。

第三十五条:当法は198621日から施行する。

 

【タイプ印刷】 【閉鎖】
服務ガイド